スパム・迷惑メール対策のフィルタとは - ヘッダ情報による受信拒否

更新:

スパム・迷惑メール対策のフィルタとは。ヘッダ情報による受信拒否。

スパム・迷惑メール対策のフィルタとは - ヘッダ情報による受信拒否

  1. フィルタとは
    迷惑メール対策のフィルタとは、迷惑メールを受信拒否するための機能です。
    迷惑メールの本文や件名、 ヘッダ情報 に含まれる文字やアドレスのパターンを設定して、迷惑メールを受信しないようにするのがフィルタです。
    多くのプロバイダで迷惑メール対策用のフィルタ機能が提供されています。
  2. 基本的なフィルタ
    1. 本文(Body)、件名(Subject)のキーワードによるフィルタ
      迷惑メールの本文や件名によく使われる文字で制限します。
      ただし、毎回いろんな内容で送られてくるので、制限が難しく、キリがありません。
      あまり効果がありません。
    2. 送信者のメールアドレス(From)によるフィルタ
      迷惑メールは、送信者のメールアドレスを偽装します。
      送信者の偽装を参照。
      同じ迷惑メール業者が毎回メールアドレスを変えて送ってくることもあります。
      フリーメールを利用したり、他人のドメインを使って偽装もできるので、メールアドレスによるフィルタは難しいです。
      キリがなく、あまり効果がありません。
  3. メールヘッダによるフィルタ
    メールヘッダについては、メールヘッダを参照。
    1. IPアドレス(Received)による制限
      送信者のメールアドレスが偽装されて毎回違う場合でも、送信者が同じであれば、送信元のサーバのIPアドレスが同じがあります。
      IPアドレスは、たくさん存在しますが、迷惑メールに使われるIPアドレスは、ある程度限定されます。
      メール本文が日本語で書かれた出会い系などのスパムは、台湾、韓国、中国のIPアドレスが多いです。
      メール本文が英語で書かれたスパムは、ヨーロッパ、北米、南米(特にヨーロッパ)のIPアドレスが多いです。
      アジアのIPアドレスの見方を参照。
    2. メーラー(X-Mail-Agent)による制限
      ヤフーメール(Yahoo! Mail)、ホットメール(MSN Hotmail)などのフリーメールを使った迷惑メールでは、 特定のメールソフトが使われることがあります。
      BSMTP DLLを参照。
  4. ドメイン名によるフィルタ
    ドメイン名でフィルタをかける場合、.jpが付くメールだけを受け取るフィルタは良くありません。
    .com、.net、.orgなど、どの国の人でも取得できるドメインは、たくさんあります。
    例えば、台湾系ドメインの.com.tw、.net.twであれば、基本的に台湾在住の人しか取得できません。
    台湾からのメールを受け取ることがなければ、制限しても良いと思います。
    .com.tw、.net.twは、迷惑メールのメールアドレス(From)には使われませんが、Receivedには稀に書かれています。
  5. フィルタのサンプル
    フィルタのサンプル台湾・韓国・中国のIPアドレスヨーロッパのIPアドレスを参照。
  6. スパムフィルタの効果 - どれが効果あるのか?
    スパムフィルタの効果を参照。
このエントリーをはてなブックマークに追加