腰越漁港

更新:

腰越漁港(こしごえぎょこう)は、神奈川県鎌倉市腰越にある第1種漁港である。 改修工事をしていたが、平成26年8月に完了した。 シラス漁が盛んな漁港で、アジ、イワシ、カマスなども捕れる。 江の島 が近く、江の島を挟んで東が腰越漁港、西が 片瀬漁港 となっている。

隣の小動岬には 小動神社 がある。 天気が良いと富士山が見え、江の島と富士山を同時に望めて景色が良い。 富士山がよく見える日には写真を撮りに来ている人を見かける。

アクセス

最寄り駅は江ノ電 腰越駅 で、そこから徒歩3分。 ホームの反対側にある道路に出て、住宅の路地を抜けて国道134号へ出ると腰越漁港がある。

少し遠いが江ノ電 江ノ島駅 や湘南モノレール 湘南江の島駅 からも歩いて行けて、徒歩11分ほど。 駅から国道467号の広い通りに出た後、江ノ電の線路に沿って真っ直ぐ行くと腰越駅に着く。

小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅 からは徒歩12分。 改札を出た後目の前の橋を渡り、海岸沿いの国道134号を歩いていくと腰越漁港がある。

場所

〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越2-9-1

写真

2013年9月17日

腰越漁港から見た夕焼けの江の島と富士山。

夕焼けの江の島と富士山

2008年頃

防波堤の左に見えるのが江の島。

防波堤

防波堤から見た海岸の様子。

防波堤から見た海岸

漁港には漁船が並んでいる。 奥の小さい山が小動岬。

漁船と小動岬
このエントリーをはてなブックマークに追加