Fedoraのインストール方法・手順 - ダウンロード、インストールCD/DVD作成(iso)

更新:

Fedoraのインストール方法・手順。
対象:Fedora 11

Fedoraをダウンロード

  1. ここでは、Fedoraをサーバとして使用することを想定して解説しています。
    GUIのデスクトップは想定していません。
    Fedoraをデスクトップマシンとして使う場合は、 Fedora Desktop エディションのインストール を参照して下さい。
  2. Fedoraの公式サイトからFedoraをダウンロードします。
    https://getfedora.org/ からダウンロードできます。
    自分が必要なものをダウンロードして下さい。
    ここでは、DVD版「Fedora-11-i386-DVD.iso」をダウンロードします。
    DVD版の場合はDVD-Rが6枚、CD版の場合はCD-Rが6枚必要です。

インストールCD/DVDを作成

  1. ダウンロードしたファイルはISOイメージのファイルなので、ISOイメージをCD/DVD-Rに書き込めるソフトを使ってCD/DVD-Rに書き込みます。
    ISOイメージの書き込み方については、 ISOイメージファイルの焼き方 を参照。

インストール

  1. BIOSの設定
    できあがったCD/DVDを利用してインストールします。
    ブートするドライブの順番を、HDDよりCD/DVDドライブが先になるようにBIOSで設定します。
    通常はCD/DVDドライブの方が先にブートされるようになっていると思います。
  2. インストール
    インストールCD/DVDを使いコンピュータを起動すると、インストール画面が表示されます。
    画面の操作は、カーソルの移動はTabかカーソルキー、決定はEnterかSpaceで行います。
    途中、Discのチェックを問われますが、Skipして構いません。
    言語・キーボードは日本語、タイムゾーンはアジア/東京を選択。
    ホスト名、ルートパスワードは自分で決めて入力します。
    パーティションの設定は、通常初期状態のままで大丈夫だと思いますが、自分の都合に合わせて選択することもできます。
    インストールするソフトウェアは、使い方によって異なります。
    ここではサーバとして使用することを想定して説明します。
    まず「オフィスとプロダクティビティ」のチェックをはずし、「今すぐカスタマイズする」を選択し、「次」へ進みます。
    ここで「開発」の「開発ツール」、「ベースシステム」の「ベース」、「言語」の「日本語」だけをチェックし、それ以外はすべてチェックをはずします。
    これで最低限必要なシステムがインストールできます。
    サーバとして使う場合は「サーバー」にある項目なども必要ですが、サーバとして使う人は通常これらは後から自分でインストールすると思うので省きます。
    最初の段階で余計なソフトウェアをインストールすると、あとから無駄な設定変更の作業が必要だったり、無駄なプロセスが負荷をかけたりするので、最低限必要なものだけインストールした方が良いと思います。
  3. インストール完了後、コンピュータを再起動します。

ネットワークの設定

  1. インストールが完了し、Fedoraを起動したら、まずネットワークの設定を行います。
    ネットワークの設定については、 ネットワークの設定 にある「サーバのネットワークの設定(IPアドレス)」の項目を参照。

ソフトウェアのアップデート

  1. ネットワークの設定が完了したら、ソフトウェアのアップデートを行います。
    アップデートを行わないと、新しいソフトウェアを正常にインストールできない場合があります。
  2. rootでログイン後、
    yum update
    とコマンドを入力するとアップデートできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加