Fedora Desktop エディション(LiveCD)のインストール方法・手順 - ダウンロード、インストールCD作成(iso)

更新:

Fedora Desktop エディション(LiveCD)のインストール方法・手順。
対象:Fedora 11 Desktop エディション

Fedora Desktop エディションをダウンロード

  1. Fedoraの公式サイトからFedora Desktop エディションをダウンロードします。
    https://getfedora.org/ からダウンロードできます。
    「Fedora-11-i686-Live.iso」をダウンロードします。

インストールCDを作成

  1. ダウンロードしたファイルはISOイメージのファイルなので、ISOイメージをCD-Rに書き込めるソフトを使ってCD-Rに書き込みます。
    ISOイメージの書き込み方については、 ISOイメージファイルの焼き方 を参照。
  2. CD-Rが1枚必要です。

インストール

  1. BIOSの設定
    できあがったCDを利用してインストールします。
    ブートするドライブの順番を、HDDよりCD/DVDドライブが先になるようにBIOSで設定します。
    通常はCD/DVDドライブの方が先にブートされるようになっていると思います。
  2. 日本語の設定
    CDをドライブに入れコンピュータを起動するとログイン画面が表示され、ログインするとデスクトップが表示されます。
    初期状態では、メニューなどはすべて英語で表示されます。
    ログイン画面の下部にある「Language」に日本語、「Keyboard」にJapanを選択すると、メニューなどが日本語になります。
    LiveCDなのでHDDにインストールをしなくてもそのまま基本的な操作はできますが、操作の都度CDから読み込むので動作は遅いです。
  3. インストール
    デスクトップに「ハードドライブにインストール」というアイコンがあり、これをダブルクリックするとインストール画面が表示され、HDDへインストールできます。
    画面の指示に従ってインストールします。
    言語は日本語、タイムゾーンはアジア/東京を選びます。
    インストール完了後、コンピュータを再起動します。
    CDは必要ないので取り出しておきます。
    再起動後、ユーザー名などの設定があります。
    前述のログイン画面で日本語に設定してからインストールしていないと、英語で表示されます。
    設定後デスクトップが表示され、Fedoraを使えるようになります。

ソフトウェアのアップデート

  1. インストールが完了し、Fedoraを起動したら、とりあえずソフトウェアのアップデートを行います。
    Windows Updateのようなものです。
    アップデートを行わないと、新しいソフトウェアを正常にインストールできない場合があります。
    例えば、Adobe Flash Playerをインストールしようとしても、途中でエラーが出てインストールできない場合があります。
  2. アップデートする前に、コンピュータをネットワークに接続する必要があります。
    ルータのDHCPが有効になっていれば、ネットワークケーブルを接続するだけでインターネットにつながります。
    FedoraでIPアドレスを設定したい場合は、デスクトップから「システム」→「設定」→「ネットワークのプロキシ」にて設定できます。
  3. デスクトップから「システム」→「管理」→「Software Update」を選択するとソフトウェアのアップデートが行えます。
    またLinuxなので、コマンドを使ってアップデートを行うこともできます。
    デスクトップから「アプリケーション」→「システムツール」→「端末」を選択し、端末(ターミナル)を起動します。
    起動後、
    su -l
    (ここでルートのパスワードを入力)
    yum update

    とコマンドを入力するとアップデートできます。
  4. FirefoxでFlashを見られるようにするには、Firefoxを起動し、Adobe FlashのページからRPMのパッケージをダウンロードします。
    初期状態では、デスクトップにあるユーザーフォルダの下の「ダウンロード」フォルダにダウンロードしたものが入ります。
    RPMファイルをダブルクリックするとインストールできます。
    インストール後、Firefoxを再起動するとFlashを再生できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加