ネオマイティフロッグの車体重量測定 - タミヤ DT-03

更新:

タミヤ ネオマイティフロッグ(DT-03)の車体重量測定。

ネオマイティフロッグの車体重量測定

ネオマイティフロッグの塗装 が終わり、やっと走らせられた。
アスファルトの直線路ではややスピードに物足りなさを感じるが、まずまずの走りだった。
近所の公園の砂利道では、オフロードカーらしく砂を巻き上げて走るので少し速く感じる。
やはりオフロードカーはダートを走ると気持ちいい。
ただ、汚れるので掃除が大変だ。
フロントのサーボ周辺の隙間から砂が入るのか、走行後シャーシ内に結構砂が入っていた。

【車体重量】
車体重量を測定するのを忘れていたので測定した。
RCメカ、モーター、バッテリーありの全備重量は実測で1612g。
プラベアリングをボールベアリングに換装した以外はノーマル。
バッテリーのハイパー3900は結構重い(401g)ので、バッテリー次第でもう少し軽くなる。
受信機はRX-37E、ESCはBL-sport、サーボはSRM-102Z、モーターはキット付属のもの。
ネオマイティフロッグは樹脂パーツが多いが、金属パーツが多い スコーピオン2014 (1684g)と重量はあまり変わらない。
ネオマイティフロッグ 車体重量 - タミヤ DT-03

カーボンダンパーステーの取り付け へ続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加