Windows 10/8.1 起動時にパスワードを入力しない(省略する)方法。ローカルアカウントを作成する。

更新:

Windows 10/8.1 起動時にパスワードを入力しないでサインインする方法。
対象 : Windows 10/8.1/8

Windows 10

基本的に後述のWindows 8.1と同様ローカルアカウントを作成すれば良い。

  1. スタートメニューの[設定]→[アカウント]にある[お使いのアカウント]タブを選択(デフォルトで選択されている)。
  2. 「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」リンクをクリック。
  3. パスワードを入力し、[次へ]をクリック。
  4. ユーザー名のみ入力し、パスワードは入力せず[次へ]をクリック。
  5. [サインアウトと完了]をクリック。
  6. [サインイン]をクリックしてデスクトップへ移動。

以後、PC起動後パスワードの入力が必要なくなる。
後述の別のアカウントを用意する方法と異なり、Microsoftアカウントで使っていた設定が引き継がれる点が良い。
別アカウントのローカルアカウントを用意する手順は以下の通り。

  1. [コントロールパネル]→[ユーザーアカウント]→[ユーザーアカウント](緑色のリンク)→[別のアカウントの管理]と進み「PC設定で新しいユーザーを追加」のリンクをクリック。 またはスタートメニューの[設定]→[アカウント]→[家族とその他のユーザー]へ進む。
  2. [+その他のユーザーをこのPCに追加]をクリック。
  3. メールアドレスは入力せず、画面下部の[追加するユーザーがメールアドレスを持っていません]をクリック。
  4. [Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する]をクリック。
  5. [ユーザー名]を入力し、パスワードは未入力で[次へ]をクリック。

その後、スタートボタンを右クリックまたは[Win]+[X]キーでメニューを表示し、[シャットダウンまたはサインアウト]→[サインアウト]する。
[Win]+[L]キーでサインインの画面へ行っても良い。
先ほど作ったアカウントを選択し、[サインイン]する。
次回以降PCを起動するとサインインなしですぐにデスクトップが表示される。


Windows 8.1

Windows 8.1 インストール時、Microsoftアカウントでユーザー名とパスワードを設定すると、サインインする際に常にパスワードの入力が求められる。
ただしOSインストール時、メールアドレスを入力する段階で[Microsoftアカウントを使わずにサインインする]を選択し、[ローカルアカウント]を作成し、その際パスワードを設定しなければ、サインインする際パスワードの入力が必要なくなる。
もし、Microsoftアカウントを設定した後でパスワードの入力を省略したい場合は、以下の手順で[ローカルアカウント]を作成する。

  1. [コントロールパネル]→[ユーザーアカウントとファミリーセーフティ]→[ユーザーアカウント]→[別のアカウントの管理]→[PC設定で新しいユーザーを追加]または[チャーム]→[PC設定の変更]→[アカウント]→[その他のアカウント]へ進む。
  2. [+アカウントを追加する]をクリック。
  3. メールアドレスは入力せず、画面下部の[Microsoftアカウントを使わずにサインインする(お勧めしません)]をクリック。
  4. [ローカルアカウント]をクリック。
    ここでMicrosoftアカウントとローカルアカウントの違いの説明が表示されるのでよく読む。
    ローカルアカウントは複数のPCで同期ができない。
  5. [ユーザー名]を入力し、パスワードは未入力で[次へ]をクリック。
  6. [完了]でアカウント作成完了。

今作ったユーザー名でサインインしなおすと設定が始まる。
設定等はMicrosoftアカウントとは別なので再度設定する。
ローカルアカウントをメインで使う場合はOSインストール後すぐに設定した方が良い。
デスクトップやユーザー関連のフォルダは各ユーザーでしか表示されないが、C:\test などユーザーとは関係ないフォルダはどのアカウントでも表示できる。
全ユーザー共通でインストールされるアプリケーションも全アカウントで実行できる。
Windowsシャットダウン後PCを起動すると、前回使用したアカウントで起動する。
つまり、パスワード未設定のローカルアカウントでシャットダウン後、PCを起動するとサインインの画面は出ずにすぐにデスクトップが表示される。
アカウントを切り替えるにはサインアウトする。
デスクトップをすばやく表示したい場合は、 Windows 8 起動後に表示されるロック画面の設定Windows 8.1 起動後すぐにデスクトップを表示する設定 なども行っておくと良い。

Windows 8.1 でパスワードを入力しない(省略)でサインインする方法。ローカルアカウントを作成する。


アカウントの種類の変更、権限の変更

ローカルアカウントを作った場合、デフォルトではアプリケーションのインストール時やシステム関連に変更を加えるときに管理者パスワードの入力を求められる場合がある。
これはアカウントの種類が「管理者」ではなく「標準」になっているため。
アカウントの種類の変更は以下の手順で行う。

  1. ローカルアカウントでサインイン後、コントロールパネルの[ユーザーアカウント]にある[アカウントの種類の変更]をクリックする。
    この際、管理者パスワードの入力を求められる場合があるのでパスワードを入力する。
  2. 「管理者」を選択し、[アカウントの種類の変更]をクリックすると変更できる。
    この選択肢にてデフォルトで選択されているアカウントの種類は現在のアカウントの種類ではなく、変更先のものなので注意。

この変更は標準と管理者どちらでも行えるが、標準の場合は変更時に管理者パスワードの入力を要求される。
管理者の場合は[ユーザーアカウント]で[別のアカウントの管理]をクリックし、権限を変更したいユーザーを選んでからアカウントの種類を変更する。
また、標準で変更後再度変更を加えようとすると、現在サインインしているローカルアカウントのパスワード入力を求められるが、ローカルアカウントにパスワードを設定していない場合は空欄のままでよい。
これは一度サインアウトしてから再度同じ操作を試すとパスワードを要求されないので、一度サインアウトした方がよい。
管理者の場合は、チャームの[設定]→[PC設定の変更]→[アカウント]→[その他のアカウント]で権限を変更したいユーザーを選び[編集]をクリックし、[アカウントの種類]で[管理者]を選択し、[OK]をクリックしても変更できる。
このエントリーをはてなブックマークに追加