Windows 8.1 起動後すぐにデスクトップを表示する方法

更新:

Windows 8.1 起動後、直接デスクトップ画面に移動する設定。
対象 : Windows 8.1

Windows 8.1 起動後デスクトップを表示

Windows 8 ではPCの電源を入れた後、[ロック画面]→[サインイン]→[スタート画面]→[デスクトップ]というようにデスクトップ表示まで手順が多かった。
Windows 8.1 ではスタート画面の遷移を省略して直接デスクトップに移動できるようになった。
設定手順は以下の通り。

  1. タスクバー(デスクトップ下のバー)を右クリックして[プロパティ]を選択し、[タスクバーとナビゲーションのプロパティ]を表示する。
  2. [ナビゲーション]タブをクリックし、[スタート画面]にある[サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する]をチェックする。

設定は次回起動時から反映される。
ロック画面の省略Windows 8.1 起動時のパスワードの省略 の設定も行えば、サインイン後すぐにデスクトップを表示できる。

Windows 8.1 起動後すぐにデスクトップを表示する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加