東芝 THNSNH128GCST - HG5d 128GB SSD

更新:

東芝のSSD THNSNH128GCSTのレビュー、ベンチマークテスト、外観写真、分解など。
Windows エクスペリエンス インデックス、シーケンシャル書込み/読込み性能、消費電力、起動・終了時間の測定。

東芝 THNSNH128GCST

2013年6月2日、ドスパラで東芝のSSD THNSNH128GCSTを11,470円で購入。
新しく発売されたCPU Intel Core i5-4670(Haswell) で新しいPCを組むために買った。
一時期128GBのSSDは1万円を切るくらいの値段だったが、円安の影響かまた少し値段が上がっている。
私が買ったSSDとしては、 Crucial M4 CT128M4SSD2Intel SSD 330 Series SSDSC2CT120A3K5 に続く3台目。

SSDSC2CT120A3K5、CT128M4SSD2ともに故障なく順調に動作しており満足しているが、他社のSSDを試したくていろいろ物色していたところ、最初に目に留まったのがCFDのCSSD-S6T128NHG5Q。
東芝製SSD HG5dを採用したS6TNHG5Qシリーズが人気なようで、CSSD-S6T128NHG5Qを買おうと思ったが売り切れだった。
次に目に留まったのがこの東芝のTHNSNH128GCST。
これもHG5dシリーズで 東芝のサイト にTHNSNH128GCSTの型番がある。
おそらく中身はCFDと同じだろうと思いTHNSNH128GCSTを買うことにした。

THNSNH128GCSTはバルク品なので、商品としては緩衝材に包まれているだけで、取扱説明書もケーブルもマウンタもデータ移行用のソフトウェア等もない。
既に何台かSSDを使っているならバルク品でも良いが、初めてSSDを買う人はリテール品が良いだろう。
THNSNH128GCSTは厚さ7mmで薄く軽い。
分解してみたところ、コントローラには TOSHIBA、MARVELL、TC58NC5HA9GST などと書いてあった。
コントローラはMarvell製かそのカスタム品と思われる。
NANDフラッシュには、TOSHIBA、TH58TEG8CDJBASC などと書いてあった。
CFDのCSSD-S6T128NHG5QもコントローラとNANDフラッシュに同様の刻印があるようだ。

ベンチマークテストを行ったPCのスペックは以下の通り。
パーツ スペック
CPU Intel Core i5-4670 【3.4GHz、4コア4スレッド、L3:6MB、TDP84W】
GPU : Intel HD Graphics 4600
メモリ CFD W3U1600HQ-4G 4GB 2枚組 【DDR3-1600(PC3-12800) 合計8GB】
マザーボード MSI B85M-G43 【MicroATX、LGA1150、DDR3、SATA6.0G】
ビデオカード なし(CPUの内蔵GPU使用)
GPUドライバ Intel HDグラフィックスドライバ Version 9.18.10.3071
DirectX DirectX 11.1
サウンド オンボード(Realtek ALC892)
SSD 東芝 THNSNH128GCST 【SATA3(6Gbps)、128GB】
BDドライブ Pioneer BDC-207DBK
電源 サイズ 剛力4プラグイン GOURIKI4-500P
ケース RAIDMAX COBRA
OS Windows 8 64bit DSP版

PC本体(システム全体)のアイドル時の消費電力は27Wだった。
ケースファン2個停止時は24W、スリープ時は3W。
SSDはPC全体の消費電力への影響は少ないので、他のSSDと差はない。
起動・終了ともに他のSSD同様高速。
HDDと比較してSSDは起動の速さがよく注目されるが、個人的に最もHDDと差を感じるのが、ソフトウェアのインストール時間(Windows Updateによるインストールなども)やウイルススキャンの速さだ。
またPC起動後、バックグラウンドで動作するソフトウェア等が素早く起動するため、HDDのようにしばらくガリガリ動いて動作が遅くなることがないのも良い。
PC本体の消費電力(アイドル時) 27W
室温 29℃
消費電力測定機器 ワットチェッカーTAP-TST5(サンワサプライ)
起動時間(電源ONからロック画面表示まで) 約13秒
終了時間(シャットダウン選択からPC終了まで) 約4秒



Windows エクスペリエンス インデックス

【プライマリ ハードディスク : ディスクのデータ転送速度】の値は8.1。
東芝 SSD THNSNH128GCST Windows エクスペリエンス インデックス


CrystalDiskInfo

ファームウェアはHTGAN102となっている。
東芝 SSD THNSNH128GCST CrystalDiskInfo


CrystalDiskMark

CrystalDiskMark 3.0.2 にてテストを行った。
以下は通常よく用いられるランダムテストの結果。
東芝 SSD THNSNH128GCST CrystalDiskMark Read/Write ランダム

シーケンシャルReadで500MB/sを超え、Writeでも500MB/s近い速度となった。
一昔前のSSDと比べるとWriteが速い。
最近の製品と比べても128GBの製品としては速い方か。
以下は0Fillのテスト結果。
東芝 SSD THNSNH128GCST CrystalDiskMark Read/Write 0Fill




東芝 THNSNH128GCST 外観

【東芝 THNSNH128GCST 一式】
一式というかバルク品なので緩衝材に本体が包まれているだけで、付属品は何もない。
東芝 SSD THNSNH128GCST 一式

【フィリピン製】
東芝 SSD THNSNH128GCST 表

東芝 SSD THNSNH128GCST 裏

【分解】
中身に興味があり精密ドライバを使って分解してみた。
ネジは表面に4つ、中の基盤に4つある。
肌色の部材は熱伝導シートで、コントローラとNANDフラッシュの上に載っている。
東芝 SSD THNSNH128GCST 分解一式

【基盤の表面】
東芝 SSD THNSNH128GCST 基盤表面

【基盤の裏面】
東芝 SSD THNSNH128GCST 基盤裏面

【NANDフラッシュ】
NANDフラッシュには、TOSHIBA、TH58TEG8CDJBASC、NS1907、TAIWAN、13109AE と書いてある。
東芝 SSD THNSNH128GCST NANDフラッシュ

【コントローラ】
コントローラには、TOSHIBA、MARVELL、TC58NC5HA9GST などと書いてある。
東芝 SSD THNSNH128GCST コントローラ

CFD SSD CSSD-S6T128NHG6Q - 東芝 HG6採用 THNSNJ128GCSU へ続く。


仕様

仕様
メーカー 東芝
型番 THNSNH128GCST
容量 128GB
規格サイズ 2.5インチ
インターフェイス SATA 6Gbps
厚さ 7mm
NANDタイプ 19nm MLC
このエントリーをはてなブックマークに追加