Intel Core i5-3450(Ivy Bridge)、Radeon HD6850ベンチマーク - Windows エクスペリエンス インデックス

更新:

Intel Core i5-3450(Ivy Bridge)、Radeon HD6850によるベンチマークテスト。
Windows エクスペリエンス インデックス、スーパーπ、3DMark11、CINEBENCH、FF14、FF11、MHF、バイオハザード5など。
消費電力、CPU温度の測定。

Intel Core i5-3450、Radeon HD6850

Core i5-3450(定格)、Radeon HD6850にてベンチマークテストを行った。
Intel HD2500のスコアと比較する場合は Intel Core i5-3450、Intel HD2500ベンチマーク の記事をご覧ください。
PCのスペックは以下の通り。

パーツ スペック
CPU Intel Core i5-3450 : 3.1GHz(最大3.5GHz)、4コア4スレッド、L3:6MB、TDP77W
メモリ DDR3-1333(PC3-10600) 8GB(4GBx2枚) : CFD W3U1333Q-4G [DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組]
のちに DDR3-1600(PC3-12800) 8GB(4GBx2枚) : CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組] に変えたがスコアはあまり変わらなかった。
マザーボード ASRock B75M : MicroATX、LGA1155、DDR3、SATA6.0G
ビデオカード 玄人志向 RH6850-E1GHD/DP [PCIExp 1GB] : AMD Radeon HD6850/GDDR5 1024MB/PCIExp16X/DVIx2 HDMIx1 DisplayPortx1
GPUドライバ Catalyst 12.4(2012.0405.2205.37728)
DirectX DirectX 11
サウンド オンボード(Realtek ALC662)
OS Windows 7 Professional 64bit(SP1)
HDD 日立GST HDS721050CLA362 500GB(0S02600) : SATA300、500GB、7200rpm、3.5インチ
電源 サイズ 剛力短2プラグイン SPGT2-600P
ケース ZALMAN Z9 Plus

このPCの詳しいスペックなどは Intel Core i5-3450(Ivy Bridge)、ASRock B75M をご覧ください。
アイドル時の消費電力とCPU温度は以下の通り。

PC本体の消費電力(アイドル時) 74W
CPU温度(アイドル時) 32℃(リテールクーラー使用)
室温 24℃
消費電力測定機器 ワットチェッカーTAP-TST5(サンワサプライ)
温度測定ソフト HWMonitor 1.19

Radeon HD6850未装着時の消費電力(アイドル時)は43Wだったが、Radeon HD6850を装着して31Wも上昇した。
Radeon HD6850の仕様によると、TDPはアイドル時19W、最大127W。
TDP=消費電力ではないし、Radeon HD6850を使った製品は複数あるので製品によって消費電力は異なるが、玄人志向RH6850-E1GHD/DPではかなり消費電力が上がってしまった。
Radeon HD6850はそこそこスペックの高いグラボだが、その割には消費電力は小さい方だろうか。
室温はRadeon HD6850なしで測定した時より2℃低いが、CPU温度(アイドル時)は2℃ほど上昇した。


Windows エクスペリエンス インデックス

まずは、Windows エクスペリエンス インデックス。
CPUは Core i5-3450内蔵GPU Intel HD2500のベンチマーク と同じなので、主にGPUだけ比較する。
グラフィックスは5.0(Intel HD2500)から7.7(Radeon HD6850)、ゲーム用グラフィックス6.3(Intel HD2500)から7.7(Radeon HD6850)に上がった。
さすがにRadeon HD6850は性能が良い。
項目 スコア
プロセッサ : 1秒あたりの計算 7.5
メモリ(RAM) : 1秒あたりのメモリ操作 7.7
グラフィックス : Windows Aeroのデスクトップ パフォーマンス 7.7
ゲーム用グラフィックス : 3Dビジネスおよびゲーム グラフィックス パフォーマンス 7.7
プライマリ ハードディスク : ディスクのデータ転送速度 5.9

Intel Core i5-3450、Radeon HD6850


3DMark11 Basic Edition (Version 1.0.3.0)

Performance(P) 1280x720 フルスクリーン(Stretched)でテスト。
Intel HD2500では動きがカクカクだったが、Radeon HD6850はかなりスムーズで、スコアも桁違い。
ただ、パワーがある分、消費電力は大きい。
しかし、Phenom II X6 1090T+Radeon HD6850では200~250Wだったので、それと比べるとかなり低い。
消費電力はPC本体のもの(以下同様)。
項目 結果
Score P3695 3DMarks
Graphics Score 3411
Physics Score 6654
Combined Score 3545
ベンチ中の消費電力 160~180W(PHYSICS TESTは134~138W)


3DMark06 Basic Edition (Build 1.2.0)

Resolution 1280x1024 フルスクリーンでテスト。
項目 結果
Score 22112 3DMarks
SM2.0 Score 9245
HDR/SM3.0 Score 10007
CPU Score 6058
ベンチ中の消費電力 170~197W(CPUテストは120~125W)


CINEBENCH R11.5 64Bit

項目 結果
OpenGL 66.82fps
ベンチ中の消費電力 : 160~174W
ベンチ中のCPU温度 : 43℃
CPU 5.47 pts
ベンチ中の消費電力 : 122~125W
ベンチ中のCPU温度 : 62℃
CPU(シングルコア) 1.47 pts
ベンチ中の消費電力 : 91~93W
ベンチ中のCPU温度 : 43℃


FF14(ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマークソフト)

Resolution HIGHT(1920x1080)の場合。
Phenom II X6 1090T+Radeon HD6850より良いスコア(スコア3541)が出ると期待したが、あまり変わらなかった。
項目 結果
SCORE 3556
LOAD TIME 16756 ms
ベンチ中の消費電力 170~205W
ベンチ中のCPU温度 45℃

Resolution LOW(1280x720)の場合。
LOWはPhenom II X6 1090T+Radeon HD6850(スコア4537)よりスコアが良かった。
項目 結果
SCORE 5911
LOAD TIME 17716 ms
ベンチ中の消費電力 170~209W
ベンチ中のCPU温度 50℃


FF11(ファイナルファンタジーXI Vana'diel Bench 3)

Resolution Hightでテスト。
項目 結果
SCORE 9503
ベンチ中の消費電力 113~128W


モンスターハンター フロンティア 第3弾【大討伐】

1920x1080 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 7210
ベンチ中の消費電力 175~184W

1280x720 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 12300
ベンチ中の消費電力 169~178W


バイオハザード5 ベンチマーク

DirectX 10 Versionでテスト。
ベンチマークテストA、1920x1080 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 118.8fps
RANK S
ベンチ中の消費電力 174~193W

ベンチマークテストB、1920x1080 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 102.1fps
RANK S
ベンチ中の消費電力 192~198W

ベンチマークテストA、1280x720 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
解像度を落とせば、多少スコアは良くなる。
項目 結果
SCORE 183.3fps
RANK S
ベンチ中の消費電力 177~197W

ベンチマークテストB、1280x720 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 137.5fps
RANK S
ベンチ中の消費電力 187~196W


ロストプラネット2 ベンチマーク

DirectX 11 Versionでテスト。
テストタイプA、1920x1080 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 37.0fps
RANK B
ベンチ中の消費電力 157~178W

テストタイプB、1920x1080 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 32.8fps
RANK B
ベンチ中の消費電力 163~183W

テストタイプA、1280x720 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 52.2fps
RANK B
ベンチ中の消費電力 154~176W

テストタイプB、1280x720 フルスクリーン、その他デフォルト設定の場合。
項目 結果
SCORE 41.9fps
RANK B
ベンチ中の消費電力 158~188W


ベンチマークテスト結果

Intel Core i5-3450+Intel HD2500では動きがカクカクだったベンチマークは、Radeon HD6850によりかなりスムーズに動くようになった。
スコアは当然桁違いだ。
また、概ねPhenom II X6 1090T+Radeon HD6850よりもスコアは良いが、それほど大きくは変わらない。
処理能力が高い分、消費電力も大きいが、Phenom II X6 1090T+Radeon HD6850と比べれば消費電力は小さく、80~100Wほど小さいのは嬉しい。

<参照>
Intel Core i5-3450、Intel HD2500ベンチマーク
AMD Phenom II X6 1090T、Radeon HD6850ベンチマーク

Radeon HD6850(玄人志向RH6850-E1GHD/DP)を付けることで、アイドル時の消費電力が31Wも上がってしまう。
Radeon HD6850を常用しようと思っていたが、この消費電力を見ると付けるのを躊躇ってしまう。
最近ゲームをやらないので、スペック的にはIntel HD2500で足りてしまう。
Radeon HD6850を外せばファンが1つ減り、多少静かになる。

ベンチ中のCPU温度に関しては、Intel Core i5-3450+Intel HD2500の時より5℃前後上昇した。
Radeon HD6850が仕事をする分、それほど温度は上昇しなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加