江の島にある東京オリンピック1964の聖火台

更新:

1964年、東京オリンピックのヨット競技が江の島で行われ、そのときの聖火台が江の島にある。 また、オリンピック記念噴水もある。 江の島を訪れた人は、すぐ正面の江島神社方面へ向かい、ヨットハーバー方面へ行くことなく帰ってしまうので、聖火台を見たことがない人も多いだろう。 2020年に開催される東京オリンピックのセーリング競技は江の島で行うことになったので、聖火台を見たことがない人は見に行ってみると良いだろう。

行き方

小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅 などの駅から 江の島 へ向かう。
弁天橋を渡り江の島へ到着後、左手にある湘南港・江の島ヨットハーバー方面へ向かう。 湘南港港湾管理事務所の建物が見えてくるので、そこからヨットハーバーへ入ると聖火台がある。

場所

〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島

写真

2015年7月

2020年の東京オリンピック・セーリング競技開催が決まり、湘南港港湾管理事務所には横断幕が掲げられている。 ここの入口か、横にある門から中に入れる。

湘南港港湾管理事務所

五輪のマークと1964と描かれた聖火台がある。

江の島聖火台

以前、聖火台は横にあるセンタープロムナードと呼ばれる道の正面にあったが、工事のためか2015年現在センタープロムナードの脇に置かれている。

江の島聖火台の移動

ここはセンタープロムナードという。

江の島センタープロムナード

端はサザエ島と呼ばれている。 ここにはタイドプールがあり、子供たちが遊んでいる。

江の島サザエ島

オリンピック関連か分からないが、2015年現在大規模な工事中。

江の島ヨットハーバーの工事

オリンピック記念噴水は江の島に入ってすぐ左手にあり、ヨットハーバーへ行く途中にある。

江の島オリンピック記念噴水
このエントリーをはてなブックマークに追加