ヨコモ ハイパー3900 ニッケル水素ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392

更新:

ヨコモのニッケル水素ストレートパックバッテリー ハイパー3900(YB-S392)のレビュー、外観写真など。

ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー

2014年5月22日、アマゾンでヨコモのハイパー3900を2,500円で購入。
約27年ぶりにRCカーを始め、最初にこのバッテリーを選んだ。
1980年代当時小学生だった私は タミヤ レーシングパック 7.2V 1200mAh京商 レーシングバッテリー 7.2V 1200mAh のようなニッカド(Ni-Cd)バッテリーしか使ったことがない。
しかも容量がたった1200mAhである。
2014年現在、リチウムポリマー(Li-Po)やリチウムフェライト(Li-Fe)などのバッテリーもあるが、まずはニッケル水素(Ni-MH)を使ってみたいので、Ni-MHバッテリーの中から本製品を選んだ。
他のNi-MHバッテリーと比べて、容量あたりの値段が安く、入手しやすい。

【パッケージ】
ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392 パッケージ

【バッテリー、取扱説明書】
「バッテリーの最高の性能を引き出す為と安全性を考え電流は控えめの1~4Aくらいで充電して下さい」と書かれている。
ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392 バッテリー、取扱説明書

【表面】
ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392 表面

【裏面】
中国製。
ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392 裏面

【大きさ、重さの比較】
タミヤとヨコモのニッカドバッテリーは、ヤフオクで旧車を落札したら付いてきた。
大きさは3つともほぼ同じだが、ハイパー3900は幅奥行き高さともにわずかに(ノギスでの実測で0.5~1mmくらい)大きい。
また、重量は実測でヨコモハイパー3900が401.0g、ヨコモハイパー2000Rが339.5g、タミヤレーシングパック1200mAhが312.5gだった。
手で持った感じではあまり重さの違いは感じないが、意外と差がある。
ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392 大きさ、重さの比較

【バッテリーを載せる】
当時物のタミヤ・ブーメランにハイパー3900を載せてみたところ、ちょっときついが一応収まった。
マイティフロッグ(当時物)もちょっときついので、シャーシとバッテリーホルダーの間にワッシャーなどを入れて調整した方が良さそう。
タミヤDTシリーズなど新しいシャーシはバッテリーボックスの寸法に余裕があるので、特に調整しなくてもハイパー3900が収まる。
ヨコモ ハイパー3900 ストレートパックバッテリー3900mAh YB-S392 バッテリーを載せる

【私がハイパー3900を使用したことがあるシャーシ】
タミヤ ネオマイティフロッグ(DT-03)、ファイティングバギー2014
京商 スコーピオン2014、ビートル2014




仕様

仕様
メーカー 株式会社ヨコモ
品名 ハイパー3900
型番 YB-S392
種類 ニッケル水素(Ni-MH)
容量 3900mAh
生産国 中国
このエントリーをはてなブックマークに追加