タミヤ モンスタービートル(2015)の製作(組立)

更新:

タミヤ モンスタービートル(2015)の製作(組立)写真。

モンスタービートル(2015)の組み立て

モンスタービートル(2015)を購入したのは2015年11月だけど、12月末になりようやく組み立てる時間ができた。
このスペースフレームのシャーシを組み立てるのは約30年前にマイティフロッグを組み立てて以来だ。


BAG A

【シャーシ、フロントアクスル】
序盤からビス類が多い。
意外とパーツも多く、パーツを探すのが大変。
RCメカはあとから取り付けようと思っていたけど、とりあえずサーボだけ取り付けた。
サーボの着脱にはカバーの着脱が必要。
ここまで組み立てただけでもマイティフロッグにはない迫力がある。
タミヤ モンスタービートル2015(TAMIYA MONSTER BEETLE)の製作(組立)シャーシ、フロントアクスル



BAG B

【ギヤボックス、リヤアクスル】
1150のベアリングは2個がボールベアリングでその他はプラベアリングだけど、プラベアリングの箇所は予め用意したボールベアリングを使用した。
850のベアリングはメタルなのでプラベアリングよりはマシだけど、これも一応ボールベアリングに換えた。
袋Bにはアンチウェアグリスが入っていて得した気分。
1gだけど結構量があり、たくさん塗らなければ余裕で余る。
アンチウェアグリスはユニバーサルシャフトに使用する。
ちなみに別売りのアンチウェアグリスの内容量は3g。
セラミックグリスも同梱されていたけど開封せず、ファイティングバギー2014で余ったものを使用した。
指示通りスイングシャフトの先にグリスを塗らないとジョイントブーツが通らない。
あとから塗ろうと思ってシャフトにグリスを塗らずにブーツを通そうとしたのは私です。
タミヤ モンスタービートル2015(TAMIYA MONSTER BEETLE)の製作(組立)ギヤボックス、リヤアクスル



BAG C

【ダンパー、足まわり】
ここからオイルダンパーの組み立て。
ダンパーは結構長くて縮めて取り付けることになる。
これで良いのか不安だけど、とりあえず手を加えず指示通り取り付けた。
モーターはマブチのRS-540SH。
アンテナの取り付けはあとまわし。
ここまで組み立てればボディ以外は完成。
タミヤ モンスタービートル2015(TAMIYA MONSTER BEETLE)の製作(組立)ダンパー、足まわり

とりあえずボディを載せて撮影。
でかい!
タミヤ モンスタービートル2015(TAMIYA MONSTER BEETLE)の製作(組立)フロント外観

タミヤ モンスタービートル2015(TAMIYA MONSTER BEETLE)の製作(組立)リア外観

モンスタービートルの塗装 に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加