タミヤ ファイティングバギー(2014)の製作(塗装)

更新:

タミヤ ファイティングバギー(2014)の塗装とマーキング(デカール貼り)など。

ファイティングバギー(2014)の塗装

ファイティングバギー(2014)の組み立て に続いて塗装を行った。
いつもの様にカラーリングに悩んだ。
普通に青にするか、それとも黒にするか緑にするか・・・。
最終的にタミヤカラースプレーのレーシングブルーを使うことに決めて、以下の塗料を使用した。

  • ボディ
    • タミヤカラースプレー TS-51 レーシングブルー 85051(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-26 ピュアホワイト 85026(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-39 マイカレッド 85039(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-17 アルミシルバー 85017(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-14 ブラック 85014(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-6 マットブラック 85006(タミヤ)
  • ドライバー人形、ライトなど
    • タミヤカラースプレー TS-39 マイカレッド 85039(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-26 ピュアホワイト 85026(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-16 イエロー 85016(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-17 アルミシルバー 85017(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-77 フラットフレッシュ 85077(タミヤ)
    • タミヤカラースプレー TS-6 マットブラック 85006(タミヤ)
    • アクリルミニ XF-1 フラットブラック 81701(タミヤ)
    • ガンダムマーカー ガンダムホワイト(GSIクレオス)
    • ガンダムマーカー リアルタッチマーカー リアルタッチグレー2(GSIクレオス)
  • 全体
    • Mr.サーフェイサー1000(徳用)スプレー 濃いグレー B-519(GSIクレオス)
    • Mr.トップコート 光沢 水性 B-501(GSIクレオス)


【サーフェイサー】
まず、ボディ側面にパーティングラインなのか模様なのか分からないが、微妙に段差があったのでとりあえず削った。
ルーフのケージだかバーもパーティングラインがあるので削った。
適当にヤスリで磨いた後、中性洗剤で洗浄。
乾燥後、面倒だけどサーフェイサーを吹いた。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)サーフェイサー

【塗装】
ボディは内側をマットブラックで塗った後、外側をピュアホワイト → ブラック → マイカレッド → レーシングブルー → アルミシルバーの順に塗装。
ボディがポリカーボネートではないので、色を多く使う場合はマスキングが大変。
ちょっと白が目立ちすぎるかな。
青一色にすることも考えたけど、少し個性を出してみた。
筆で塗ったのはシートベルトとヘルメットのフラットブラックのみ。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)塗装

【デカール】
デカールを貼って白の面積が増えて、多少色のバランスが良くなっただろうか。
ナンバーは説明書では「728」だけど、728(ナニワ)ではなく634(ムサシ)にしてみた。
説明書には指示がないけど、パッケージイラストにはヘルメットに「TAMIYA」の文字があるのでデカールを貼った。
トップコートを吹くか迷ったけど一応吹いた。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)デカール

【フロント】
各パーツを組み立ててシャーシへ載せた。
フロントのライトはレンチが回しにくいので少し取り付けにくい。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)フロント

【リア】
リアビューがカッコイイ。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)リア

【正面】
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)正面

【側面】
サイドビューもバギーらしくて良い。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)側面

【上面】
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)上面

【底面】
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)底面

【車体重量】
RCメカとバッテリー搭載時の車体重量は1927gになった。
タミヤ ファイティングバギー2014(TAMIYA FIGHTING BUGGY)の製作(塗装)車体重量
このエントリーをはてなブックマークに追加