無限精機 ブルドックAWDS

更新:

(株)無限精機のRCカー ブルドック(BULLDOG)のパッケージ、外観写真など。
1/10スケール 電動R/C ベルトドライブAWDS スーパーオフローダー

無限精機 ブルドックAWDS

2015年1月、ヤフオクで無限精機のブルドックを落札した。
以前から手に入れたいと思っていて、ようやく手に入れた。
ブルドックは私が小学生の頃(1980年代)のRCカーで、当時を代表するRCカーの1つだろう。
パッケージにも書かれている通り、カタカナではブルドッグではなくブルドックと書く。
ボディはパイプフレームで、当時は ヒロボーのゼルダ 、AYKのバイパー、 マルイのギャラクシー 、京商のギャロップやジャベリンなどパイプフレームのRCカーが結構あった。

【パッケージ表】
外箱付きで出品されていた。
ブルドックはAWDS、つまり4輪駆動4輪操舵できる。
前後はベルトでつながり駆動する。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)パッケージ表

【パッケージ下側面】
MADE IN JAPAN で、無限精機の住所は千葉県船橋市高根町で2015年現在の住所と同じ。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)パッケージ下側面

【パッケージ右側面】
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)パッケージ右側面

【パッケージ上側面】
主要緒元には全長380mm、全幅230mm、全高185mm、ホイールベース258mm、トレッド185mm と書かれている。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)パッケージ上側面

【パッケージ左側面】
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)パッケージ左側面

【フロント】
ブルドックは雑誌等でしか見たことがなく、実物を見たのはこれが初めて。
写真で見るイメージと少し違い、実物の方がカッコイイというのが第一印象。
重要なパーツの欠品はなさそうで、状態は良い。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)フロント

【リア】
ダンパーはエアダンパーで、前後に装備。
エアダンパーの感触は意外と良い。
スタビライザーの先端はサスアームにある穴を通るようになっているが、リアの右側だけ通っていなかった。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)リア

【側面】
ホイールが変色している。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)側面

【上面】
メインフレームと呼ばれるパーツがシャーシ中央にあり、ここにギヤやベルトが入っている。
他のRCカーで一般的なフロントとリアのギヤボックス、その間をつなぐベルトやチェーンのカバーなどを1つにまとめたようなもので、合理的とも言える。
デフは前・後・センターにボールデフを装備。
一応ギヤは回っているようなので走行できそう。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)上面

【底面】
底面は金属に見えなくもないが樹脂製。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)底面

【フロント】
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)フロント

【リア】
機械式スピードコントローラー、540モーター付き。
本来アップライトのベアリングはビス4本で固定するが、1本しか付いていなかった。
タイヤはピンで固定する。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)リア

【車体重量】
金属パーツが目立つため見た目は重そうに見えるが、見た目に反して軽い。
車体重量は、シャーシにボディ、スピードコントローラー、モーター付きの状態で1,168g。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)車体重量

【取扱説明書】
取扱説明書は、組み立て手順、パーツリストが記載されている。
スキャナーでスキャンしてPDF化した。
無限精機ブルドック(MUGEN BULLDOG)取扱説明書
このエントリーをはてなブックマークに追加