Windowsのユーザーアカウント、パスワードの設定。スクリーンセーバーのパスワード設定。

更新:

Windowsのユーザーアカウント・パスワードの設定。スクリーンセーバーのパスワード設定。
対象 : Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

ユーザーアカウント、パスワードの設定

パソコン内部の情報を他人に見られたくない場合や、自分以外の人にパソコンを使わせたくない場合は、Windows起動時にパスワードの入力を求めるようにすると良い。
Windows 8以降はMicrosoftアカウントを使用する場合、必ずパスワードの設定が必要となる。
パスワードの設定・変更手順は以下の通り。

  • Windows 10
    スタートメニューから[設定]→[アカウント]の[お使いのアカウント]にある「Microsoftアカウントの管理」をクリックするとブラウザが起動する。 「パスワードの変更」からパスワードを変更する。
    [アカウント]の[家族とその他のユーザー]から別のアカウント(ユーザー)を追加できる。
    ローカルアカウントの設定 の設定もここで行える。
  • Windows 8.1/8
    チャームから[設定]→[PC設定の変更]→[ユーザー]にて[個人用パスワードの変更]を行う。
    ユーザーを追加するには、同ウィンドウにて[その他のユーザー]からユーザーの追加を行う。
  • Windows 7
    コントロールパネルから[ユーザーアカウント]→[ユーザーアカウント](緑色のリンク)と進み、パスワードを設定するアカウントを選択する。
    アカウントを新規に作成する場合は[ユーザーアカウントの追加]を行う。
    今までにパスワードを設定したことがない場合は[パスワードの作成]を選択し、[新しいパスワード]、[新しいパスワードの確認]、[パスワードのヒント]を入力する。
    今までにパスワードを設定したことがある場合は[パスワードの変更]を選択し、[現在のパスワード]、[新しいパスワード]、[新しいパスワードの確認]、[パスワードのヒント]を入力する。


スクリーンセーバーのパスワードの設定

  • Windows 10
    デスクトップ上で右クリックし、[個人設定]をクリック。
    左側のメニューの[ロック画面]をクリックし、「スクリーンセーバー設定」のリンクをクリック。
    その後、[再開時にログオン画面に戻る]をチェック。
    以上でスクリーンセーバーが起動後、再度デスクトップを表示するにはパスワードを入力する必要がある。
    このパスワードは、上記ユーザーアカウントで設定したパスワードと同じ。
  • Windows 8/7
    デスクトップ上で右クリックし、[個人設定]をクリック。
    [スクリーンセーバー]をクリックするとウィンドウが表示される。
    その後、[再開時にログオン画面に戻る]をチェック。
    以上でスクリーンセーバーが起動後、再度デスクトップを表示するにはパスワードを入力する必要がある。
    このパスワードは、上記ユーザーアカウントで設定したパスワードと同じ。
  • Windows XP
    デスクトップ上で右クリックし、[プロパティ]を選択。
    [スクリーンセーバー]のタブを選択し、適当なスクリーンセーバーを選択。
    その後、[パスワードによる保護]を選択。
    また、スクリーンセーバーの「待ち時間」を適当に設定。
    以上でスクリーンセーバーが起動後、再度デスクトップを表示するにはパスワードを入力する必要がある。
    このパスワードは、上記ユーザーアカウントで設定したパスワードと同じ。
このエントリーをはてなブックマークに追加