Windowsの共有フォルダの設定とアクセス方法

更新:

Windowsの共有フォルダの設定方法。
対象 : Windows 10/8.1/7

Windows 10/8.1/7

まずネットワークで他のPCを表示できるようにする。

  1. タスクバー通知領域(タスクトレイ)にあるネットワーク接続のアイコンを右クリックし、[ネットワークと共有センターを開く]を選択。
    または[コントロールパネル]から[ネットワークとインターネット]→[ネットワークと共有センター]を開く。
  2. 左メニューにある[共有の詳細設定の変更]をクリック。
  3. 環境により異なるが[プライベート]、[ゲストまたはパブリック]、[ホームまたは社内]、[パブリック]などに(現在のプロファイル)と書かれている項目を開く。
  4. (現在のプロファイル)にある[ネットワーク探索を有効にする]と[ファイルとプリンタの共有を有効にする]をチェックする。

次にパソコンAからパソコンBの共有フォルダにアクセスする手順を例にする。

  1. パソコンBにある共有したいフォルダを右クリックし、[プロパティ]を選択。
  2. [共有]タブを選択し、[詳細な共有]ボタンをクリック。
  3. [このフォルダを共有する]をチェックする。
  4. [アクセス許可]ボタンをクリックする。
  5. [Everyoneのアクセス許可]にて許可したい操作(フルコントロール、変更、読み取り)を選択する。
    共有フォルダからファイルを読み取るだけなら「読み取り」、ファイルを編集したりフォルダにファイルを追加したい場合は「変更」を選択する。

共有フォルダの設定後、パソコンAから共有フォルダにアクセスする。

  1. スタートメニューやエクスプローラーなどから[ネットワーク]を選択。
    ネットワーク機器が表示されるウィンドウでF5キーを押せば表示を更新できる。
  2. [ネットワーク]にあるパソコンBをダブルクリック。
    パソコンBにパスワードを設定している場合は、ここで[ユーザー名]と[パスワード]の入力を求められる。
    ここには、パソコンBにログオンするときの[ユーザー名]と[パスワード]を入力する。
    Windows 8以降の場合はユーザー名は登録したメールアドレス。
    ユーザーアカウントとパスワードの設定は Windowsのユーザーアカウント、パスワードの設定 をご覧ください。

以上で共有したフォルダが表示され、共有フォルダにアクセスできる。
共有で Usersフォルダ を表示したくない場合は、エクスプローラーなどから C:\Users にアクセスし、このフォルダの共有を解除する。
フォルダの共有設定は上述の通り。
このエントリーをはてなブックマークに追加