AviUtlで動画編集を始める前に最初にやっておきたい基本設定

更新:

AviUtlのインストールや設定は分かりにくいが、いろいろ情報を見てなんとか終わり、MP4(H.264)でエンコードもできるようになったのも束の間、次の壁にぶち当たる。 単に動画1つをエンコードするだけなら簡単だが、動画の編集もやってみようとすると、どこから手を付けて良いか分からず、直感的に操作するのは難しい。 ネットで情報を見ても、「拡張編集のウィンドウはどこ?」、「レイヤーとか表示されないけど?」といった具合に、事前に設定を済ませていることが前提で話が進んでいたりする。 ここではその前提設定について説明する。

インストールと設定は AviUtlでMP4(H.264)エンコードするためのインストールと設定方法 で済ませていることとする。 拡張編集Pluginもインストールする必要がある。

AviUtl拡張編集の設定

基本設定

人それぞれ設定の好みはあるが、個人的にデフォルトの状態から最低限やっておきたい設定を記す。

AviUtl のメニューで以下の設定を行う。

  • [設定]→[拡張編集の設定]をクリックすると拡張編集ウィンドウが表示される。 これは複数の動画、画像、テキストなどをレイヤーで編集できるので、これがないと始まらない。
  • [表示]→[拡大表示]でウィンドウサイズを好きな大きさにする。 初期状態だと動画などの大きさに合わせて100%で表示されてしまう。 例えばフルHDのディスプレイでフルHDの動画を編集する場合、100%だとウィンドウが大きすぎるので「WindowsSize」などにしておくと良い。
  • [表示]→[オーディオ波形の表示]でメインウィンドウに波形が表示される。 後述の再生ボタンも追加するとフレーム数、時間、ボリュームなども表示される。
  • [ファイル]→[環境設定]→[システムの設定]で「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れる。 システムの設定は AviUtl を再起動後に反映されるので再起動する。 [表示]→[再生ウィンドウの表示]もあるが、メインウィンドウに表示した方が見やすい。

[ファイル]→[環境設定]→[システムの設定]では、最大画像サイズにて幅1900、高さ1080など好みで設定する。 この値が小さいとサイズ(解像度)が大きい動画は読み込めない。 また、リサイズ設定の解像度リストは「1920x1080,1280x720,640x480,352x240,320x240」などするとそのサイズが[設定]→[サイズの変更]に表示されるようになる。 ただし、高い解像度を扱う場合、パソコンのメモリーが少ないとエラーになるので注意。

基本操作

とりあえずこれだけ知っておけば、簡単なことならあとは直感的に何とかなると思う。

新規プロジェクトの作成

メインウィンドウではなく拡張編集ウィンドウに直接動画や静止画のファイルをドロップすると各レイヤーにそれぞれ追加される。 初回は「新規プロジェクトの作成」ウィンドウが表示される。 これは画像編集ソフトのキャンバス設定のようなもので、好みの値を入力する。 ドロップ前に拡張編集ウィンドウで右クリックしてから「新規プロジェクトの作成」もできる。

オブジェクトの追加

複数の動画や画像をつなげるには、各レイヤーにそれぞれドラッグ&ドロップするだけ。

新規プロジェクトの作成後、拡張編集ウィンドウ上で右クリックするといろいろメニューが表示され、[メディアオブジェクトの追加]でテキストや図形も追加できる。 [フィルタオブジェクトの追加]で動画や画像の切り替わる際のフェードやスライドなどのエフェクトを追加できる。 各オブジェクトはそれをダブルクリックすると設定ウィンドウが表示されるので好みで変更できる。 また、ドラッグ&ドロップで別のレイヤーへ移動できる。 バーの端をドラッグすると伸びて、その効果を持続する時間の範囲を調整できる。

後方のオブジェクトのバーを伸ばしてから縮めたときなど、動画の終わりに空白ができる場合がある。 これはその操作により最終フレームが後ろにズレたままになっている場合がある。 拡張編集ウィンドウのグレーの縦線が最終フレームである。 ウィンドウ上で右クリックして[範囲設定]→[最後のオブジェクト位置を最終フレーム]を選択すると変更できる。

その他

時間軸のスケールは[Ctrl]+マウスホイール回転、または拡張編集画面左上の青色のバーで変更できる。

レイヤーはウィンドウの下方ほど上に表示される。 つまり動画の上に文字を載せるには下方のレイヤーにテキストを入れる。 また、[Layer 1]などをクリックするとレイヤーの表示・非表示が切り替えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加