ASUS ZenFone Go(ZB551KL)のカメラで撮った写真と動画

更新:

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)のカメラで撮った写真と動画の画質についてレビューする。

写真

ASUS ZenFone Go を持って江の島へ行き、写真と動画を撮ってきた。 元の画像サイズは 3264×1836ピクセルだが、フルHDサイズにして見やすいように動画(スライドショー)にした。

カメラアプリはプリインストールされているものを使用した。 カメラの解像度は最大8M(4:3)だが、スマホの画面にあった 16:9 が良いだろうということで初期設定の6M(16:9)を使用した。 画質は初期設定では[スタンダード]だが、[ファイン]に変更した。 ただ、ファインはスタンダードよりファイルサイズが少し増えるだけで、画質はスタンダードとあまり変わらない印象。

オートホワイトバランス(AWB)はやや良くない印象で、室内で日光と蛍光灯の光が混ざる場合、やや青みがかっていて、ホワイトバランスを日光などに変更するとマシになる場合がある。 私が持っているファーウェイP8liteやiPod touch(第6世代)も室内でのAWBは良いとは言えないが、それらよりやや悪いと感じた。 また晴天屋外でも、やや赤かったり青かったりすることがある。 コントラストと彩度も妙に高いと感じるときもあれば、低いと感じるときもあり、全体的に安定感がない。

AFは他の機種と比べるとやや良くない印象。 他の機種では適当にシャッターを切ってもわりとピントが合っていたりするが、本機は微妙にピントがズレていることがある。 ズレているというのはあくまで写真をピクセル等倍で見た場合で、等倍で見なければ気にならない。 正確にピントを合わせたい場合は、一度被写体にタッチしてからシャッターを切った方が良い。 他の機種でもそうだが、コントラストが低い被写体や暗所ではさらに合焦しにくい。

いくつか気になる点はあったが、安価なスマホとしてはまずまずの画質。 明暗差が大きい場所でHDR機能を使ってみたが、まあまあよく合成されていた。 今回写真を54枚、30秒前後の動画を15本撮影して、バッテリー残量は69%だった。

動画

ZenFone Go の動画は、解像度がフルHD(1920×1080)、フレームレートが約30fpsで撮れる。

画質の傾向は写真と同じ。

マイクについては性能があまり良くないと感じた。 音が小さい場合、他の機種で拾える音量が拾えず、音が途切れて録音される。 ただ、同時に大きい音が発せられている場合は小さい音も拾える。 これはこの個体が悪いのか、すべての個体がそうなのか分からない。 マイクではなくドライバが悪い可能性もある。

関連

このエントリーをはてなブックマークに追加