MacBook Early 2009のCINEBENCHによるベンチマークテストのスコア

更新:

ベンチマークソフトのCINEBENCHはWindows版だけでなくMac版もある。 Windows版は今まで何度も使ったことがあるが、Mac版は使ったことがなかったので、今更だがうちにある古いMacBookでCINEBENCHを動かしてみた。 使用したのは MacBook Early 2009 で、スペックはCPUがCore 2 Duo 2GHz、メモリが4GB、グラフィックスがNVIDIA GeForce 9400M(VRAM 256MB)、OSがMac OS X 10.10 Yosemiteなどとなっている。

  1. MAXONのサイトからCINEBENCH R15をダウンロード後、ZIPファイルを解凍する。
  2. フォルダ内にあるCINEBENCH OSX.appを起動する。 フォルダにはWindows用のEXEファイルも入っている。
  3. メニューの[File]→[Advanced benchmark]を選択してCPUのシングルコアの項目を表示する。

まずOpenGLのテストをしたが動きがカクカクで、結果は4.75fpsだった。

次にCPUのテストはレンダリングにかなり時間がかかり、マルチコアのスコアは104cb、シングルコアのスコアは55cbだった。 2015年現在の最新のCPUやGPUと比べるとスコアは低い。 室温26℃でベンチマークテスト中ファンが回転し、少しうるさかった。 CINEBENCHの情報によると、このMacBookのCPUはCore 2 Duo P7350を使っているようである。 このMacBookは今もOSがアップデートされていて、一応アプリケーションが動いているが快適とは言えないので、そろそろ買い替えたい。

CINEBENCHのスコア
このエントリーをはてなブックマークに追加