iPhoneで撮る写真に位置情報を記録しないようにする

更新:

GPSを搭載しているiPhoneでは、Exifという写真のデータ領域に緯度・経度など位置情報を記録できる。 どこで撮った写真か分かる反面、自宅の場所などを特定される可能性もある。 不用意にTwitterなどのSNSにアップロードすると危険である。 そういう場合は、以下の手順で位置情報を記録しないようにする。

  1. [設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]と進む。
  2. [位置情報サービス]をオフにすると、すべてのアプリで位置情報を使わなくなる。 カメラだけオフにする場合は[位置情報サービス]をオン、[カメラ]をオフにする。 またここで個別のアプリについても設定可能である。

Twitterなどに写真をアップロードするときは プライバシー設定 も確認しておくとよい。

iPhoneで撮る写真に位置情報を記録しないようにする
このエントリーをはてなブックマークに追加