iPhoneのプライバシー設定「このAppには写真およびビデオへのアクセス権がありません。」

更新:

Instagram、Twitter、Chrome などのアプリからカメラロールにある写真をアップロードするとき、「このAppには写真およびビデオへのアクセス権がありません。”プライバシー設定”でアクセスを有効にできます。」と表示される場合がある。 この場合、以下の手順でアクセスを有効にすると、アプリからカメラロールにある写真をアップロードできる。

  1. [設定]→[プライバシー]→[写真]と進み、アクセスを有効にしたいアプリを選択し、写真の読み出しを許可する。 ちなみに[プライバシー]の中にある[カメラ]で動画の許可もでき、その他[マイク]などもある。

または[設定]の一番下にあるアプリ一覧から各アプリの設定が変更できる。 例えば Instagram は[設定]→[Instagram]と進むと、「位置情報」、「写真」、「マイク」、「カメラ」のアクセス許可を設定できる。 アクセスを許可すると、そのアプリで写真や動画を撮ったり、カメラロールにあるそれらをアプリからアップロードできるようになる。 位置情報サービスをオン にして写真を撮ってた場合は、撮影した場所の位置情報が写真に埋め込まれているのでアップロードする際は注意する。

iPhoneのプライバシー設定を有効にする
このエントリーをはてなブックマークに追加