東京駅

更新:

東京駅(とうきょうえき)は、東京都千代田区丸の内一丁目にある駅である。 JRの東日本と東海、および東京メトロの各路線が乗り入れている。 周辺では写真を撮っている人をよく見かけ、はとバスなどの観光バスが走り、観光客も多い。 また、商業地でもあるため、サラリーマンや買い物客も多い。

大きく分けて、西側を丸の内口、東側を八重洲口といい、有名な赤レンガの駅舎は丸の内側となる。 丸の内口からは皇居が近く、歩いていける距離にある。 八重洲口から出ると日本橋の街があり、百貨店や企業のビルが建ち並ぶ。 また、少し時間がかかるが、京橋を抜けて銀座まで歩いていけなくもない。

行き方

非常に多くの路線が乗り入れていて、遠方からは各種新幹線、近郊からは在来線を利用して行ける。 JRだけでも中央線、山手線、京浜東北線、東海道線など数多くある。 横須賀線・総武快速線と京葉線のホームは地下にある。 特に京葉線は少し離れた場所にあるため結構歩き、乗り換えに時間がかかる。

遠い昔、東北・上越などの北側の新幹線は上野駅止まりだったが、東京駅まで延伸されて便利になった。

場所

写真

2012年12月11日

昔の状態に復原され、新しく綺麗になったが、そのせいかやや貫禄に欠ける印象がある。

復原工事後の丸の内口

丸の内南口改札前はドーム状になっていて、壁や天井に装飾があり綺麗である。 見上げている人やカメラを構えて写真を撮っている人を見かける。

丸の内南口改札前
丸の内南口改札前ドームの壁
丸の内南口改札前ドームの天井

このとき八重洲口は工事中で、再開発が盛んだった。

八重洲口

夜になるとライトアップされて綺麗。

ライトアップ・正面
ライトアップ・近景

2004年4月16日

個人的には復原工事前の旧駅舎も良かったと思っている。 新築より多少汚れている方が趣がある。 見慣れていたせいか、思い出補正もあるかもしれない。

復原工事前の丸の内口

駅構内はサラリーマンや観光客などいろいろな人がごった返している。

構内通路
ホーム
新幹線
このエントリーをはてなブックマークに追加