新江ノ島水族館

更新:

新江ノ島水族館(しんえのしますいぞくかん)は、神奈川県藤沢市にある水族館である。 もともと江の島水族館があったが閉館し、2004年4月16日に新江ノ島水族館が開館した。 地元以外の人には、 江の島 や海水浴の片瀬海岸に次いで藤沢市では有名な場所だろうか。 略称は「えのすい」という。

テレビ番組にて魚類の話が出ると、本水族館の担当者の話が出ることもある。 クラゲが有名なようで、相模湾の魚も見られ、イルカショーも行われる。 新江ノ島水族館は国道134号沿いの湘南海岸公園内にあり、すぐ目の前が海岸となっていて江の島を望める。 基本的に年中無休。 入場料金は大人が2,400円で、幼児から高校生までは少し安くなっている。 また、2回分の料金で年間パスポートも買えるので、何度も行く人にはお得である。

行き方

最寄り駅は小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅 で駅から徒歩3分である。 片瀬江ノ島駅を出た後、目の前の橋を渡らず、すぐ右手の路地を進む。 広い通りの国道134号に出たら横断歩道を渡り海側の歩道へ行き、江の島と反対側の茅ヶ崎方面へ進む。

江ノ電 江ノ島駅 または湘南海岸公園駅からは徒歩10分。 湘南モノレール 湘南江の島駅 からは徒歩10分。 江ノ島駅および湘南江の島駅からはまず江の島方面へ向かって道を進む。 その後国道134号に出るので、あとは上記と同じ。

場所

〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

写真

2013年9月17日

新江ノ島水族館の外観。

新江ノ島水族館の外観

入場口とチケットカウンター前。 この広場は「湘南お祭り広場」という名が付いている。

入場口とチケットカウンター前

海岸側茅ヶ崎方面から見た新江ノ島水族館。 手前の施設がイルカショースタジアム。

海岸側茅ヶ崎方面から見た新江ノ島水族館

新江ノ島水族館付近から望む江の島。 館内のデッキから海を望める。

新江ノ島水族館と江の島
このエントリーをはてなブックマークに追加