ザラ場

更新:

ザラ場(ざらば)とは、株取引において寄りと引けの間に行われる売買のことである。 片仮名で「ザラバ」と表記される場合もある。 また、「寄り」は株取引の開始時、「引け」はその終了時を意味する。

一般的にザラ場では、オークション方式と呼ばれる方式で株の売買が行われる。 この場合、値段が見合うものから随時売買が成立する。 同じ値段で指値をした場合は時間が早い方などが優先される。

一方、寄りと引けにおいては、板寄せと呼ばれる方式で株が売買される。 この方式では一度複数の注文を集めてから条件を決め、それに合致するものから売買が成立する。 これ以外では注文が殺到した場合にも板寄せが行われ、その際は 特別買い(売り)気配 となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加