呼値

更新:

呼値(よびね)

呼値

呼値とは、株を注文する際の最小の値幅のこと。 「よびね」と読む。 単元株数とは異なる。

呼値は 値幅制限 と同様株価によって異なる。 例えば株価が200,000円の場合、100円刻みの値段で株を注文できる。 つまり、200,100円で売りを出したり、199,700円で買いを出したりできる。

株価によって刻む金額が異なるで注意して注文する。 基本的に株価が高いほど、刻む金額が大きくなっていく。 詳しくは東証のサイトなどを参照。

このエントリーをはてなブックマークに追加