スナドラ

更新:

スマホの話題でよく見かけるスナドラとは何か?

意味

スナドラとはスナップドラゴン(Snapdragon)の略で、主にスナップドラゴンを搭載したスマートフォンに興味があるユーザーの間で使われている言葉。 スナップドラゴンとは、アメリカのクアルコム社が開発している SoC のこと。 SoC(System-on-a-chip)とは、プロセッサなどの機能を持つ集積回路のこと。

スナドラは、Android OS を搭載したスマホやタブレットなど多くの機種で使われている。 パソコンの性能が CPU の性能に左右されるように、スマホの性能は SoC の性能に左右されるため、スマホ購入者の間でスナドラの話題がよく出る。

スナドラは、Snapdragon 630、Snapdragon 660、Snapdragon 835 などがあり、近い世代で比較した場合、基本的に番号が大きい方が SoC に含まれる CPU や GPU の性能が良い。 スペックについては Snapdragon - Wikipedia に一覧がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加