損切り、ロスカット、利益確定売り、利確、ナンピン

更新:

損切り(そんぎり)、ロスカット(ろすかっと)、利益確定売り(りえきかくていうり)、利確(りかく)、ナンピン(なんぴん)

損切りとは、ロスカットとは、利益確定売りとは、利確とは、ナンピンとは
  1. 損切りとは、損出がある保有する株を売ることです。
    ロスカットともいいます。
    例えば、20万円で買った株の株価が下落して15万円になり、 損していても株を売ってしまうことを損切りするといいます。
    今後も株価が下がり続けると判断した場合や、株価が上昇することを諦めた場合などに行います。
  2. 利益確定売りとは、利益が出ている保有する株を売ることです。
    単に利確ともいいます。
    損切りとは逆の行為になります。
    例えば、20万円で買った株の株価が上昇して25万円になり、 いったん株を売却して利益を確定させることを利確するといいます。
    今後株価が上昇するか下降するか分からないが、 自分が設定した目標価格や利益に到達した場合や、 直近で上昇続きだったため、しばらく株価の上昇が見込めない場合などに行います。
  3. ナンピンとは、主に損出がある株の平均取得コストを下げることです。
    例えば、20万円で100株買った株の株価が下落して10万円になったとき、 10万円でさらに100株追加購入します。
    すると、平均取得金額は20万と10万円の間の約15万円になります。
    株価が持ち直して、株価が15万円を超えれば利益が出ることになります。
    ただし、株価が低迷し続ける可能性もあるので、ナンピンはリスクもあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加