スキャルピング(スカルピング)

更新:

スキャルピング(すきゃるぴんぐ)

スキャルピングとは、スカルピングとは
  1. スキャルピングとは、株や通貨などの取引を数秒、数分という短い時間で行う取引です。
    例えば、ある株を買い、その数秒、数分後にその株を売却するやり方です。
    デイトレードの中でも、最も短い時間で売買をするやり方です。
    スカルピングと書く場合もあります。
  2. スキャルピングは、主にデイトレーダーが用いる方法で、少しでも利益が出れば、 即売る(または買う)ということを繰り返し行います。
  3. 株などの取引は、買った後、基本的にいつ売っても良いのですが、 短期、中期、長期と、人によって株を保有する期間が違います。
  4. どのぐらいの期間で取引するかは、個人の自由なので、自分のスタイルに合わせて取引します。
    どの投資スタイルが一番儲かるというような定石はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加