ローソク足

更新:

ローソク足(ろーそくあし)とは、株価チャートで使われる株価の表現方法である。 チャートにおいてローソクの形のように長方形とそこから上下に伸びた線( ヒゲ )で構成されている。 また、期間ごとに呼称があり、1日の値動きを表すものは日足、1週間は週足、1ヶ月は月足と呼ぶ。 以下、ヤフーファイナンスの トヨタ自動車 のチャートを例に説明する。

チャートの中にある白や青の長方形は株価の上昇や下落を表す。 株価が上がった場合は白、下がった場合は青となる。 この色分けはサイトや書籍などによって異なり、黒色などもある。

また、白い長方形は底辺が 始値 で上辺が終値、青い長方形は底辺が終値で上辺が始値を示す。 さらに、長方形の底辺から下に伸びているヒゲの先端が 安値 で、上辺から上に伸びているヒゲの先端が高値を示す。

このエントリーをはてなブックマークに追加