株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)

更新:

株価収益率(かぶかしゅうえきりつ)、PER(ピーイーアール)、株価純資産倍率(かぶかじゅんしさんばいりつ)、PBR(ピービーアール)

株価収益率とは(PERとは)、株価純資産倍率とは(PBRとは)
  1. PERとは、会社の収益に対して株価が割安か割高かを見る指標です。
    株価収益率ともいい、Price Earnings Ratioの略です。
    PER=株価÷1株利益、で計算します。
    PERの値が低い方が割安な株です。
    基本的に数10未満であれば、割安と言えます。
    ただし、どの程度のPERであれば割安かという基準は、業種や会社の成長性などにより評価が異なります。
    数10程度のPERでも割高とされる場合もあります。
  2. PBRとは、会社の資産に対して株価が割安か割高かを見る指標です。
    株価純資産倍率ともいい、Price Book value Ratioの略です。
    PBR=株価÷1株株主資本、で計算します。
    PBRの値が低い方が割安な株です。
    PBR=1の場合、会社の株価と資産が丁度釣り合った状態です。
    基本的に1未満であれば、割安と言えます。
    ただし、どの程度のPBRであれば割安かという基準は、業界や会社の成長性などにより評価が異なります。
    1未満のPBRでも割高とされる場合もあります。
  3. PERとPBRは、投資家によく使われるメジャーな指標です。
  4. PERとPBRを見る場合は、一般的な数値として割安か割高か判断し、 さらに同業他社と比較して割安か割高かを比較します。
    また、今後の収益予想や成長性なども判断基準になります。
  5. ベンチャー企業のように成長性を期待する株は、高PER、高PBRになる傾向があります。
  6. あくまで目安なので、PERやPBRの数値だけで株価の判断はできません。
  7. PERとPBRは、各証券会社のホームページや、ヤフーファイナンスなどのポータルサイトで見ることができます。
    株価収益率、株価純資産倍率(単に純資産倍率なども)と表記されている場合もあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加