株式用語

更新:

株式・金融関連用語の一覧。

大株主

大株主(おおかぶぬし)とは、持株比率が高い株主のこと。 企業のIR情報や四季報などに持ち主と保有率が掲載されている。

筆頭株主

筆頭株主(ひっとうかぶぬし)とは、最も持株比率が高い株主のこと。 創業者がいる場合は創業者が、子会社の場合は親会社が筆頭株主であることが多い。 銀行やベンチャーキャピタルなどの場合もある。

安値

安値(やすね)とは、株取引おける安い値段(株価)。 最も安い場合は最安値(さいやすね)という。

高値

高値(たかね)とは、株取引おける高い値段(株価)。 最も高い場合は最高値(さいたかね)という。

乱高下

乱高下(らんこうげ)とは、激しく上下の変化を繰り返すこと。 株式相場では、株価が激しく変動したときによく使われる。

日銀短観

日銀短観(にちぎんたんかん)とは、日本銀行が企業に対して実施する景気アンケート。 全国企業短期経済観測調査の略。 調査は四半期ごと。 企業の大小・業種別に調査。 特に業況判断指数が注目され、株価などに影響を与えることもある。 外国人投資家にも知られており、英語で「tankan」と訳される。

インカムゲイン

インカムゲインとは、モノを保有していることで得られる利益のこと。 株式の配当金や建物の家賃収入などが該当する。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、株式や不動産などの投資において売買値の増減で得る利益のこと。 売値と買値の差額。

バイ・アンド・ホールド

バイ・アンド・ホールドとは、株式や通貨などを年単位の期間で取引すること。 デイトレードなどと比較して運用期間が長い投資である。

デイトレード

デイトレードとは、株式などを1日という短い期間で取引すること。 1日の内に何度も繰り返し株を売買することもある。 ディーラーと呼ばれるプロは、翌日に株式を持ち越す方がリスクが高いという考えがあり、その日のうちに手仕舞いすることが多いと言われる。 ネット証券の普及により株式の売買手数料が安くなり、個人でもデイトレードをする人が増えた。

ポジショントレード

ポジショントレードとは、株式などを数週間~数ヶ月という期間で取引すること。 デイトレードやスイングトレードと比べて運用期間が長く、短・中期投資に該当する。

スイングトレード

スイングトレードとは、株式などを数日(2~3日)という短期間で取引すること。 デイトレードより少し長く保有することになる。

FOMC

FOMC(えふ・おー・えむ・しー)とは、米国の連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)の略称。 中央銀行・連邦準備制度理事会(FRB)の理事などが金融政策を決めている。 年8回行われ、米国の金利などについて話し合われる。 FRB議長としては、グリーンスパン氏、バーナンキ氏などが有名。 米国金利の変動は株価に影響を与えることがあるため、FRB議長の発言は世界的に注目される。

このエントリーをはてなブックマークに追加