上ヒゲと下ヒゲ

更新:

まず、ヒゲとは株価のチャートで見られる長方形のローソク足から上下に伸びた線のこと。 上に伸びた線を上ヒゲといい、「うえひげ」と読む。 下に伸びた線を下ヒゲといい、「したひげ」と読む。 上ヒゲの先端は高値を示し、下ヒゲの先端は安値を示す。

長い下ヒゲがある場合、株価が下落した後、大きく買われた様子を示す。 株価が底を打ち、上昇するサインとされているが、必ずしも株価が上がるとは限らない。 逆に長い上ヒゲがある場合、株価が上昇した後、大きく売られた様子を示す。 株価が天井を打ち、下落するサインとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加