フルボッコ先生

更新:

フルボッコ先生(ふるぼっこせんせい)

フルボッコ先生

フルボッコ先生とは臨床心理士の矢幡洋先生のこと。 インターネット上の一部で使われている呼称、あだ名。

フルボッコとはフルパワーでボッコボコという意味。 ものすごい傷などを負ってボコボコになったときなどに使われる言葉。

2007年5月16日、矢幡先生が顔面傷だらけで絆創膏を貼ってテレビ番組に出演したため、視聴者の間で「何があった!」と話題になった。 それ以来、矢幡先生はフルボッコ先生と呼ばれている。 その後もたびたびテレビ番組に出演し、主に犯罪者の心理状態などについてコメントを行っている。