フィルム野菜

更新:

フィルム野菜(ふぃるむやさい)

フィルム野菜

フィルム野菜とは、ハイドロゲルからなるフィルム(膜)を用いて栽培した野菜のこと。
ハイドロゲルとは、ゼリーのようなもので、親水性がある素材。
オムツなどに使われている。
シリコーンを結びつけたシリコーンハイドロゲルは、ソフトコンタクトレンズに使われている。

フィルム野菜は2010年4月22日、TBSの「ひるおび!」に登場し、メビオールという企業の話があった。
メビオールは、早稲田大学が投資を行っている大学発バイオベンチャー企業。
ゲル状の素材を用いた野菜の栽培の特集で、何度かテレビで見たことがある。
メビオールでは、ハイドロゲルからなるフィルムを「ハイドロメンブラン」と呼んでおり、それを用いた栽培を「アイメック」と呼んでいる。

土の上の栽培では、水や養分は地中へ流れ効率が良くなくコストがかかる。
多量の化学肥料は土壌を汚染する可能性がある。
水や養分をフィルムに吸着させることで、野菜に水や養分を効率よく与え、尚且つ土壌の汚染を減らす。
野菜にとって、フィルムは土に比べ水を吸いにくい。
その結果、糖度など野菜の栄養成分が高まる。
土の上の栽培でも、わざと与える水の量を少なくして、糖度などを増やす栽培方法がある。
トマトの栽培などで知られる。

メビオール
このエントリーをはてなブックマークに追加