安近短

更新:

安近短とは、文字通り金額が安くて、場所が近くて、期間が短いことを意味する。 読み方は「あんきんたん」。 「最近の旅行の傾向は安近短」というようにニュースの見出しなどで使われる。 お金をかけず、近場で、日帰りする旅行などに対して使われる言葉。 2009年、高速料金の値下げにより、安近短のドライブがニュース等でよく取り上げられた。 安近短を真似て以下のような言葉が使われたこともある。

  • 安近少
    あんきんしょうと読む。 大学受験において、学費が安くて近場にある大学を志望し、併願校を少なくすること。 ニュースの記事で使われていた。
  • 安近早
    あんきんそうと読む。 安くて、近くて、早いこと。 日経の記事で、コンビニのセルフサービスのコーヒーに対して使われていた。
  • 安近楽
    あんきんらくと読む。 安くて、近くて、楽または楽しいこと。
  • 安近単
    あんきんたんと読む。 安くて、近くて、単純、簡単ということ。
このエントリーをはてなブックマークに追加