Infomation と Information のスペルミスと複数形

更新:

インターネットでいろいろなサイトを見ていると Infomation という文字を見かけることがある。 おそらく英語で「情報」を意味する Information と書きたかったと推測される。 違いは o と m の間に「r」が入っているか否かである。 根本的にスペルを勘違いしているのか、うっかり「r」を入れ忘れたのか分からないが、Infomation という英単語は存在しない。 個人のサイトなら仕方ないと思うが、残念なことに法人のサイトでも見かけることがある。 しかもナビゲーションメニューによく用いられるので余計に目立つ。 また、漫画やTVアニメの作中でも見かける。 英単語の中でも使用頻度が高い方なので、余計に綴りの誤りにもよく出くわす。

そもそもなぜスペルを誤ってしまうのか考えた。 カタカナで書くとインフォメーションで、「フォー」となっていないので、ローマ字的に考えて Infomation と書いてしまうのだろうか。 ただ、それだと「メー」の部分は ma で良いのかということになる。 それとも、.infoというドメインのように略語としてinfoという文字が使われることがあるため、インフォ=infoというイメージが強く、その後に単純にメーション(mation)を付け加えて表記してしまうのだろうか。

いずれにしても「r」が入るのがイメージしづらいのかもしれない。 この件は日本だけで起こっている現象かと思ったら、海外でも同じくスペルミスが多いようで、WordReference.comで infomation vs information のような議論も見つけた。

また、Information は「情報」という意味で用いる場合、複数形は存在しないので、情報が1つでもたくさんあっても Informations とは表記しない。 「r」を書き忘れないために、form(フォーム)、formation(フォーメーション)といった英単語を思い出すと良いかもしれない。 誤字・脱字については私も他人のことは言えないので気をつけたい。 私は分かっていると思っている単語でも、なるべく念には念を入れて辞書で調べることにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加