転居届・転出届・転入届

更新:

引っ越した際に必要となる各種届出について説明する。 ただし、市区町村により提出する場所や書類が異なる場合があるので、詳しくは自治体のホームページなどで確認して下さい。

転居届

転居届は、現在住んでいる所と同じ市区町村に引越する場合に提出する書類である。

  • 届出場所
    市区町村の役所。 市民センターなどでも受け付けている場合があるが、役所のみの自治体もある。
  • 届出期間
    新しい住所に住み始めた日から14日以内。
  • 必要なもの
    • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
    • 印鑑(代理人の場合や手続きによっては必要となる)
    • 通知カード
    • マイナンバーカード(交付している場合)
    • 住民基本台帳カード(交付している場合)
  • 各種証明証
    これらを交付している場合は変更手続きが必要となる。
    • 国民年金手帳
    • 国民健康保険証
    • 介護保険証
    • 各種医療証(老人保健法医療受給者証・高齢者医療証・小児医療証など)
    • 高齢受給者証
    • 障害者手帳
  • 届出人
    基本は本人または世帯主だが、委任状があれば別世帯の代理人も可能な場合がある。

転出届

転出届は、現在住んでいる所とは別の市町村に引越す場合に提出する書類である。 同市内の他の区へ引っ越す場合は必要ない。

基本事項は 転居届 と同じで、引越し前の市町村に提出する。 届出期間は引越し日前後14日以内となっている。

基本的にマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを利用した転出の場合、転出証明書が発行されない。 そのため後述する転入届にも転出証明書が必要ない。

転入届

転入届は、現在住んでいる所とは別の市区町村に引越す場合に提出する書類である。

基本事項は 転居届 と同じで、引越し先の市区町村に提出する。 届出期間は新しい住所に住み始めた日から14日以内。

上述の通り、転出証明書はマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを利用した転入の場合は不要だが、そうでない場合は、以前住んでいた市町村に交付してもらう必要がある。 たいていの自治体は郵送でも受け付けている。

参考

このエントリーをはてなブックマークに追加