エアメールの送り方および宛名と住所の書き方

更新:

私はアメリカにホームステイしたことがあり、その際お世話になった家族にたまにエアメールを送っていた。 ここではそのときの経験をもとにエアメールについて記す。

まず送り方は郵便局にて国際郵便を使用する。 郵便局の窓口へ行って計量してもらうと金額が出るので、請求された金額を払う。 事前に切手などを貼る必要ない。 もちろん、自分で好きな切手を貼ってポストに投函したり、郵便局に持っていても良い。

送料は 郵便局の国際郵便料金 の「通常郵便物」に書いてある。 便箋タイプならたった百数十円でアメリカへ送れる。 小型包装物でも大して高くない。 ヨーロッパなど他の国宛てもほぼ同じ料金となっている。

宛名の書き方

葉書、封筒、小包など基本的にどれもオモテに自分と相手の住所を書く。 以下は日本から海外へ送る場合の例である。 逆に海外から日本へ送る場合は、記載する場所を入れ替える。

エアメールの住所、宛名、宛先

エアメールというと以下の青と赤線の封筒をイメージするが、この封筒を使わなければいけないという決まりはなく、無地のものでもレターセットでも良い。 住所は手書きでも、プリンターで印字した紙を貼り付けても良い。

定番の青&赤線のエアメール用封筒

以下、アメリカから送られてきたエアメール。

アメリカから送られてきたエアメール

茶封筒のような一般的な封筒で送る場合も住所の書き方は同じ。

茶封筒の住所表記

住所

住所は上記サンプルのような配置で書く。 自分の住所を左上に小さく書き、相手の住所を中央に大きく書く。 ハガキサイズより大きい郵送物の場合は、上記サンプルのような紙を用意して郵送物の中央に貼れば良い。 その点は日本の郵便物と同じ。 切手は郵便局で計量してもらって貼ってもらう。 自分で貼る場合は右上に貼る。 住所に To や From は付けなくても良い。

住所は狭い区域から大きい区域を順に並べて書く。 日本とは書き方が逆だが、日本の住所は郵便番号が正しく書かれていれば、細かい順序はあまり気にする必要はない。 日本の地名は基本的にヘボン式のローマ字で表記するが、そのルールと異なる表記をする自治体もある。 ただ、これも配達する人が分かれば問題ない。 海外の住所は、なるべく相手に教えてもらった通りに書くと良い。

以下にいくつか例を記す。

例1
〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉1丁目2番地の3 サンライズ406号室

Sunrise 406, 2-3 Hiyoshi 1-chome
Kohoku-ku, Yokohama, Kanagawa
223-0061 JAPAN
また
Hiyoshi 1-2-3-406, Kohoku-ku
Yokohama, Kanagawa
223-0061 JAPAN
などと書いても特に問題ない。

例2
〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂1丁目2番地の3

2-3 Tsujido 1-chome
Fujisawa, Kanagawa
251-0047 JAPAN

または

Tsujido 1-2-3
Fujisawa, Kanagawa
251-0047 JAPAN

イギリスは住所を書くとき右端をそろえて以下のように書く人もいるようだが、最近は少ないようだ。

Taro Tanaka,
Kohoku-ku Hiyoshi 1-2,
Yokohama,
Kanagawa,
223-0061 JAPAN.

オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの英語圏でも、細かいことを気にせずアメリカ風に書いても特に問題ない。 それよりも手紙の本文に力を注いだ方が良い。

宛名

相手の名前は「Mr. John Walton,」のようにフルネームで書く。 Mr. や Mrs. は日本の手紙の「様」に相当する。 夫婦宛なら「Mr. & Mrs. John Walton」のように○○夫妻という意味の「Mr. & Mrs. + 夫のフルネーム」と書くと良い。 ただ、宛名は連名にせず代表者だけ書き、手紙の本文に家族の名前を書く方が分かりやすい。 親しい関係や何度もメールのやり取りをしている関係なら、「John Walton」や「Helen & John Walton」など Mr. や Mrs. を付けずに氏名を書いても構わない。

敬称には以下のようなものがある。

  • Mr. は男性
  • Mrs. は既婚女性
  • Miss は未婚女性
  • Ms は既婚・未婚が不明な女性

VIA AIR MAIL

エアメール、つまり航空便を表す「VIA AIR MAIL」を自分の住所の下辺りに書く。 文字の色は黒や青などを使用する。 「BY AIR」と書いてあるものもある。 もし VIA AIR MAIL を書いていない場合、郵便局の窓口で手渡す際に航空便か否か聞かれるかもしれない。 航空便の他には船での輸送もある。 基本的に航空便で送られるが、自分でポストに投函する場合は航空便の指定がないと、どのように送られるか分からない。

州名の略称とZIP CODE

アメリカの場合、宛先の最後が「州名の略称 + ZIP CODE」になっている。 州名の略称は、ニュージャージー州ならNJ、ペンシルバニア州ならPA、カリフォルニア州ならCAと書く。 詳しくは英語版Wikipediaの 州名の略称 にある。 ただ、略さなくても構わない。 ZIP CODE は5桁の数字になっていて、詳しくは USPS ZIP CODE(アメリカの郵便番号) を参照。

グリーティングカード

クリスマスやバースデー用などのグリーティングカードは、郵便物の表面の見やすい場所に「Greeting Card」と書くと25gまでであれば密封して定形郵便物の手紙と同様の扱いで送れる。 Greeting Card のほかは以下のようなものがある。

  • Christmas Card
  • Xmas Card
  • New Year's Card
  • Birthday Card

これらは VIA AIR MAIL の上辺りに書くと良い。 カードの形状は正方形を含む長方形。

新年用のよくある文例。

  • Season's Greetings and best wishes for the New Year.
  • Best wishes for A Happy New Year.
  • I wish you a happy New Year.
  • Wishing you all the best.
  • All the best in 2020.

クリスマス用のよくある文例。

  • Best wishes for A Merry Christmas.
  • I wish you a Merry Christmas.

手紙本文の書き方

手紙の本文は、拝啓や敬具など一応決まった書式があるが、親しい相手ならあまり気にする必要はない。 住所はプリンターで印字したものでも良いが、ビジネス用途でなければ本文は手書きの方が喜ばれる印象だ。

拝啓

拝啓は、見出しまたは住所を書いた場合、それらの後に書く。 個人宛ての場合、「Dear David,」のように Dear+ファーストネーム+カンマを書く。 連名、特に夫婦の場合は、「Dear Helen & John」のように女性の名前を先に書く方が多い印象。

ビジネス用の場合、「Dear Ms. Dobson:」のように Dear+苗字+コロンを書く。 企業や部署宛てで、相手の担当者名が分からない時は「Dear Sir:」。 企業や部署そのものに宛てる場合は「Dear Sirs:」。

イギリスの場合、コロンやカンマを使わないのが一般的。 親しい人に送る場合、Dear 以外に Hi や Hello などを使うことがある。

敬具

敬具には標準的なものやフォーマルなものなどがある。 本文の後に少しスペースを空けて右寄せで書く。 アメリカは敬具の後ろにカンマを書く。 イギリスは書かないのが一般的。 拝啓に Mr. や Mrs. など敬称をつけた場合、フォーマルな敬具を使うことが多い。 拝啓に敬称を付けなかった場合は、くだけた敬具が多い。

くだけた敬具には以下のようなものがあり、人によるが Best regards を使う人が多い印象。

  • Sincerely
  • Best regards
  • Cordially
  • Affectionately
  • Warm regards
  • Kind regards
  • Fondly
  • Your friend
  • Love

ビジネス用のフォーマルな敬具には以下のようなものがある。

  • Yours sincerely
  • Sincerely yours
  • Yours faithfully
  • Yours truly
  • Very truly yours

見出しや日付

見出しは文頭右寄せで書く。 知人などに送る手紙は、自分の住所を書かず日付だけ書くことが多い。 日付すら書かないこともある。 ビジネス用の場合、アメリカの場合、自分の住所と日付を3行程度で書く。 1行目に自分の住所、2行目に市、州、ZIP CODE、3行目に日付となる。 日本の住所を書く場合は、3~4行程度で適当に記す。 日付は2020年4月15日の場合、April 15, 2020 や 15 April 2020 や 15/4/2020 といった表記がある。 アメリカは日月年で書く方が多いかもしれない。

知人宛の例
April 15, 2020
Dear Helen & John,
Thank you for ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

I hope you are doing well. ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
Best regards,
Taro Tanaka

ビジネス用の例
1-2-3-406 Hiyoshi, Kohoku-ku
Yokohama, Kanagawa
223-0061 JAPAN
April 15, 2020
The Sample Store, Ltd.
Abc Street
Example City, NJ 078XX

Dear Sir:
I am a ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
Yours sincerely,
Taro Tanaka

その他

  • 受け取り人の住所
    主にビジネス用で記す。 見出しの次に書く。
  • 本文
    拝啓の後に続けて書く。 話題ごとに適度に段落を設ける。 冒頭をどの話題で始めて、文末をどの話題で締めるか等は気にする必要はない。 日本の友達に送るのと同じ感覚で、好きなことを書いていけば良い。
  • サイン
    自分の名前を敬具の後に続けて右寄せで書く。 パソコンの場合は、敬具とタイプした名前の間に手書きで記す。 ビジネス用なら手書きが必要な場合もある。 知人宛なら何でも良い。

以上の各項目は、適度に行間をあけて分かりやすく書く。 eメールで知人に送る場合は、メールの送信日時があるので日付は必要はない。 すべて左寄せで書き、右寄せにする必要もない。 英語の手紙の書き方については、英語版 Wikipedia の Letter_(message) の項目も参考になる。

日本語から英語への翻訳は Google翻訳 が便利である。 翻訳機能は完璧ではないので、参考程度に使用する。 通常、日本語を英語に翻訳するために使うが、自分で書いた英文を日本語に変換してみるという使い方も便利で、自分の英文チェックに役立つ。

レターセット

エアメールで使う封筒は、文房具屋や雑貨屋で売られているレターセットがおすすめである。 手紙より少し大きいものを送る場合は、100円ショップや文房具店で売られているB5やA4サイズの茶封筒を使っても良い。 正しく住所が書かれていれば、どこの国でも届く。

エアメールを送る場合、和紙や千代紙でできたものや和風のものが喜ばれる。 100円ショップや文房具店などの便箋コーナーには様々な商品が売られていて、クリスマスや新年が近づくと、その季節のレターセットが並ぶ。

グリーティングカードとレターセット
このエントリーをはてなブックマークに追加