世界の地震発生回数 - USGS(アメリカ地質調査所)

更新:

USGS(アメリカ地質調査所)が公表している世界の地震発生回数。

世界の地震発生回数 - USGS(アメリカ地質調査所)

USGSによると、1年間の平均地震発生回数は下表のようになっている。
M8以上の地震は1年間に平均1回、世界のどこかで発生している。
M7~7.9は15回、M6~6.9は134回となっている。

マグニチュード 年平均発生回数(回) 備考
8以上 1 ※1
7~7.9 15 ※1
6~6.9 134 ※2
5~5.9 1,319 ※2
4~4.9 13,000 推定値
3~3.9 130,000 推定値
2~2.9 1,300,000 推定値

※1:1900年以降の観測に基づく。これらの数値は最近更新され、1900~1999年のCentennial Catalogと2000年以降のPDEのデータに基づく。
※2:1900年以降の観測に基づく。
(USGS, Frequency of Occurrence of Earthquakes)
USGS(United States Geological Survey, アメリカ地質調査所)

日本及びその周辺の地震発生回数 - 気象庁

下表は気象庁の日本及びその周辺の地震回数のデータ。
1996年~2005年の気象庁の震源データをもとに算出されたもの。
USGSのデータと比較すると、世界の地震の1/10が日本及び日本周辺で発生していることになる。
M8以上の地震が年平均0.1回ということは、10年に1度M8以上の地震が起きる可能性がある。

マグニチュード 年平均発生回数(回)
8以上 0.1
7~7.9 2
6~6.9 17
5~5.9 123
4~4.9 895
3~3.9 4,073

(気象庁, 日本及びその周辺の地震回数)
気象庁
このエントリーをはてなブックマークに追加