原油の確認埋蔵量・国別順位 - BP 世界エネルギー統計2015

更新:

2015年6月10日、イギリスの石油大手BPが Statistical Review of World Energy 2015(世界エネルギー統計2015)を発表した。

原油の確認埋蔵量・国別順位

BPの世界エネルギー統計2015によると、2014年末における原油の確認埋蔵量1位はベネズエラで、確認埋蔵量2983億バレル、全体でのシェアは17.5%だった。
以下、サウジアラビア、カナダ、イラン、イラクと続く。

世界全体の原油の確認埋蔵量は1兆7001億バレル。
本レポートによると世界全体の原油の消費量は1日9208万6千バレルなので、確認埋蔵量は消費量の約50.58年分に相当する。
また、世界全体の原油の生産量は1日8867万3千バレルなので、確認埋蔵量は生産量の約52.52年分に相当する。
確認埋蔵量は、1994年に1兆1180億バレル、2004年に1兆3662億バレル、2013年に1兆7010億バレルと推移しており、約50年で原油がなくなるわけではない。

下表は確認埋蔵量の多い順に並べた。
◆印は 0.05% 未満を表す。

順位 国名 原油確認埋蔵量(2014年末)
(10億バレル)
シェア(2014年末)
1 ベネズエラ 298.3 17.5%
2 サウジアラビア 267.0 15.7%
3 カナダ 172.9 10.2%
4 イラン 157.8 9.3%
5 イラク 150.0 8.8%
6 ロシア 103.2 6.1%
7 クウェート 101.5 6.0%
8 アラブ首長国連邦 97.8 5.8%
9 アメリカ 48.5 2.9%
10 リビア 48.4 2.8%
11 ナイジェリア 37.1 2.2%
12 カザフスタン 30.0 1.8%
13 カタール 25.7 1.5%
14 中国 18.5 1.1%
15 ブラジル 16.2 1.0%
16 アンゴラ 12.7 0.7%
17 アルジェリア 12.2 0.7%
18 メキシコ 11.1 0.7%
19 エクアドル 8.0 0.5%
20 アゼルバイジャン 7.0 0.4%
21 ノルウェー 6.5 0.4%
22 インド 5.7 0.3%
23 オマーン 5.2 0.3%
24 ベトナム 4.4 0.3%
25 オーストラリア 4.0 0.2%
26 マレーシア 3.8 0.2%
27 その他アフリカ 3.7 0.2%
27 インドネシア 3.7 0.2%
29 エジプト 3.6 0.2%
30 南スーダン 3.5 0.2%
31 イギリス 3.0 0.2%
31 イエメン 3.0 0.2%
33 シリア 2.5 0.1%
34 コロンビア 2.4 0.1%
35 アルゼンチン 2.3 0.1%
36 その他ヨーロッパ&ユーラシア 2.0 0.1%
36 ガボン 2.0 0.1%
38 ペルー 1.6 0.1%
38 コンゴ共和国 1.6 0.1%
40 チャド 1.5 0.1%
40 スーダン 1.5 0.1%
42 赤道ギニア 1.1 0.1%
42 ブルネイ 1.1 0.1%
42 その他アジア太平洋 1.1 0.1%
45 トリニダード・トバゴ 0.8
46 デンマーク 0.6
46 イタリア 0.6
46 ルーマニア 0.6
46 トルクメニスタン 0.6
46 ウズベキスタン 0.6
51 その他中南米 0.5
51 タイ 0.5
53 チュニジア 0.4
54 その他中東 0.2
合計 1,700.1 100.0%
(BP, Statistical Review of World Energy 2015)
Statistical Review of World Energy
このエントリーをはてなブックマークに追加