原油の生産量・国別順位 - BP 世界エネルギー統計2015

更新:

2015年6月10日、イギリスの石油大手BPが Statistical Review of World Energy 2015(世界エネルギー統計2015)を発表した。

原油の生産量・国別順位

BPの世界エネルギー統計2015によると、2014年の原油の生産量(日量)1位はアメリカで、生産量1164万4千バレル/日、前年比15.9%増だった。
以下、サウジアラビア、ロシア、カナダ、中国と続く。
アメリカが1位となったのは1975年以来39年ぶりで、シェールオイルの増産が寄与した。
世界全体の原油の生産量は、前年比2.3%増の1日8867万3千バレル。

下表は生産量の多い順に並べた。
原油生産量は、原油、シェールオイル、オイルサンド、NGLを含み、バイオマス、石炭派生物、天然ガスなどによる液体燃料は除く。
◆印は 0.05% 未満を表す。
旧ソビエト連邦は除く。
前年比は、日量(千バレル/日)ではなく百万トン/年のデータから計算したもの。

順位 国名 原油生産量(2014年)
(千バレル/日)
前年比
1 アメリカ 11,644 15.9%
2 サウジアラビア 11,505 0.9%
3 ロシア 10,838 0.6%
4 カナダ 4,292 7.9%
5 中国 4,246 0.7%
6 アラブ首長国連邦 3,712 0.9%
7 イラン 3,614 2.0%
8 イラク 3,285 4.6%
9 クウェート 3,123 -0.5%
10 メキシコ 2,784 -3.3%
11 ベネズエラ 2,719 1.1%
12 ナイジェリア 2,361 2.5%
13 ブラジル 2,346 11.2%
14 カタール 1,982 -0.9%
15 ノルウェー 1,895 2.9%
16 アンゴラ 1,712 -4.9%
17 カザフスタン 1,701 -1.2%
18 アルジェリア 1,525 1.8%
19 コロンビア 990 -1.4%
20 オマーン 943 0.3%
21 インド 895 -1.3%
22 インドネシア 852 -3.5%
23 イギリス 850 -2.3%
24 アゼルバイジャン 848 -3.3%
25 エジプト 717 0.5%
26 マレーシア 666 3.6%
27 アルゼンチン 629 -1.2%
28 エクアドル 556 5.6%
29 リビア 498 -49.8%
30 タイ 453 -2.0%
31 オーストラリア 448 6.5%
32 その他ヨーロッパ&ユーラシア 387 -2.4%
33 ベトナム 365 4.3%
34 コンゴ共和国 281 0.3%
34 赤道ギニア 281 5.6%
36 その他アジア太平洋 272 1.8%
37 その他アフリカ 252 -0.6%
38 トルクメニスタン 239 3.8%
39 ガボン 236
40 その他中東 213 2.4%
41 デンマーク 167 -6.4%
42 南スーダン 159 60.6%
43 その他中南米 149 0.4%
44 イエメン 145 -3.7%
45 ブルネイ 126 -6.4%
46 イタリア 121 4.7%
47 トリニダード・トバゴ 112 -3.4%
48 ペルー 110 7.3%
49 スーダン 109 -5.2%
50 ルーマニア 85 -2.1%
51 チャド 78 -5.5%
52 ウズベキスタン 67 -1.8%
53 チュニジア 53 -13.3%
54 シリア 33 -44.4%
合計 88,673 2.3%
(BP, Statistical Review of World Energy 2015)
Statistical Review of World Energy
このエントリーをはてなブックマークに追加