世界の妊産婦死亡率、国別順位、WHO 2018年版

更新:

WHOが毎年発表している統計資料に掲載されている世界の国々の妊産婦死亡率について記す。

世界各国の妊産婦死亡率

WHO(世界保健機関)が2018年に発表したレポートに掲載されている妊産婦死亡率の統計は2015年時点のもので、これは世界保健統計2016年版および2017年版に掲載されているものと同じだったが、一応紹介しておく。

Expecting photo, Photo by freestocks.org

統計がある国の中で最も妊産婦死亡率が高い国はシエラレオネで10万人出産当たり1,360人(1.36%)だった。 上位には中央アフリカ、チャド、ナイジェリアなどアフリカの国が並ぶ。 一方、妊産婦死亡率が低い国はフィンランド、ギリシャ、アイスランド、ポーランドの4カ国で3人(0.003%)となっている。 日本の妊産婦死亡率は10万人出産当たり5人(0.005%)で、ノルウェー、スペイン、スイスなどと並び死亡率が低い。 妊産婦死亡率の世界平均値は216人(0.216%)となっている。

順位 国名 妊産婦死亡率
(10万人出産当たりの人数)
[2015年]
1 シエラレオネ 1,360
2 中央アフリカ共和国 882
3 チャド 856
4 ナイジェリア 814
5 南スーダン 789
6 ソマリア 732
7 リベリア 725
8 ブルンジ 712
9 ガンビア 706
10 コンゴ民主共和国 693
11 ギニア 679
12 コートジボワール 645
13 マラウイ 634
14 モーリタニア 602
15 カメルーン 596
16 マリ 587
17 ニジェール 553
18 ギニアビサウ 549
19 ケニア 510
20 エリトリア 501
21 モザンビーク 489
22 レソト 487
23 アンゴラ 477
24 ジンバブエ 443
25 コンゴ共和国 442
26 ベナン 405
27 タンザニア 398
28 アフガニスタン 396
29 スワジランド 389
30 イエメン 385
31 ブルキナファソ 371
32 トーゴ 368
33 ハイチ 359
34 エチオピア 353
34 マダガスカル 353
36 ウガンダ 343
37 赤道ギニア 342
38 コモロ 335
39 ガーナ 319
40 セネガル 315
41 スーダン 311
42 ガボン 291
43 ルワンダ 290
44 ナミビア 265
45 ネパール 258
46 ジブチ 229
46 ガイアナ 229
48 ザンビア 224
49 パプアニューギニア 215
49 東ティモール 215
51 ボリビア 206
52 ラオス 197
53 ミャンマー 178
53 パキスタン 178
55 バングラデシュ 176
56 インド 174
57 カンボジア 161
58 サントメ・プリンシペ 156
59 スリナム 155
60 ニカラグア 150
61 ブータン 148
62 アルジェリア 140
63 南アフリカ 138
64 パラグアイ 132
65 ボツワナ 129
65 ホンジュラス 129
67 インドネシア 126
68 トンガ 124
69 モロッコ 121
70 フィリピン 114
70 ソロモン諸島 114
72 ミクロネシア 100
73 ベネズエラ 95
74 パナマ 94
75 ドミニカ共和国 92
76 キリバス 90
77 ジャマイカ 89
78 ガアテマラ 88
79 北朝鮮 82
80 バハマ 80
81 バヌアツ 78
82 キルギス 76
83 モルディブ 68
83 ペルー 68
83 シリア 68
86 コロンビア 64
86 エクアドル 64
88 トリニダード・トバゴ 63
89 チュニジア 62
90 ヨルダン 58
91 エルサルバドル 54
91 ベトナム 54
93 モーリシャス 53
94 アルゼンチン 52
95 サモア 51
96 イラク 50
97 セントルシア 48
98 セントビンセント・グレナディーン 45
99 ブラジル 44
99 モンゴル 44
101 カーボベルデ 42
101 トルクメニスタン 42
103 マレーシア 40
104 キューバ 39
105 メキシコ 38
106 ジョージア 36
106 ウズベキスタン 36
108 エジプト 33
109 タジキスタン 32
110 ルーマニア 31
111 フィジー 30
111 スリランカ 30
113 アルバニア 29
114 ベリーズ 28
115 バルバドス 27
115 中国 27
115 グレナダ 27
118 アルメニア 25
118 アゼルバイジャン 25
118 コスタリカ 25
118 イラン 25
118 ロシア 25
123 ウクライナ 24
124 ブルネイ 23
124 モルドバ 23
126 チリ 22
127 タイ 20
128 ラトビア 18
129 ハンガリー 17
129 オマーン 17
129 セルビア 17
132 トルコ 16
133 バーレーン 15
133 レバノン 15
133 ウルグアイ 15
136 アメリカ 14
137 カタール 13
138 カザフスタン 12
138 サウジアラビア 12
140 ボスニア・ヘルツェゴビナ 11
140 ブルガリア 11
140 ニュージーランド 11
140 韓国 11
144 リトアニア 10
144 ルクセンブルク 10
144 ポルトガル 10
144 シンガポール 10
148 エストニア 9
148 リビア 9
148 マルタ 9
148 スロベニア 9
148 イギリス 9
153 クロアチア 8
153 フランス 8
153 アイルランド 8
153 マケドニア旧ユーゴスラビア共和国 8
157 ベルギー 7
157 カナダ 7
157 キプロス 7
157 モンテネグロ 7
157 オランダ 7
162 オーストラリア 6
162 デンマーク 6
162 ドイツ 6
162 スロバキア 6
162 アラブ首長国連邦 6
167 イスラエル 5
167 日本 5
167 ノルウェー 5
167 スペイン 5
167 スイス 5
172 オーストリア 4
172 ベラルーシ 4
172 チェコ 4
172 イタリア 4
172 クウェート 4
172 スウェーデン 4
178 フィンランド 3
178 ギリシャ 3
178 アイスランド 3
178 ポーランド 3
- アンドラ
- アンティグア・バーブーダ
- クック諸島
- ドミニカ国
- マーシャル諸島
- モナコ
- ナウル
- ニウエ
- パラオ
- セントクリストファー・ネイビス
- サンマリノ
- セーシェル
- ツバル
世界平均値 216

この統計はWHO加盟国194の国と地域を対象としている。 世界保健統計2018年版に掲載されている妊産婦死亡率の統計は2015年時点のものである。 数値の記載がない国は「-」で記している。 順位表は妊産婦死亡率が高い順に並べた。

参考:WHO(世界保健機関)World Health Statistics(世界保健統計)2018年版。

関連

このエントリーをはてなブックマークに追加