出版社 売上高ランキング(2009年度) - 集英社、講談社、小学館

更新:

2010年11月1日、帝国データバンクが「出版業界 2009年度決算調査」を公表。
それによると出版社売上高1位は集英社で約1333億円。
2位は講談社、3位は小学館。

出版社 売上高ランキング(2009年度)

下表は出版社620社中売上高トップ10の企業。
集英社、講談社、小学館の大手3社が売上高トップ3だが、講談社と小学館は赤字。
集英社は黒字だが、売上高の割りに利益が少ないように感じる。
ただ、2008年度よりは利益が増えている。

光文社は、2008年度より赤字が拡大している。
ネット上などでリストラが話題になった(「リストラなう」など)。

売上高に関しては、トップ3と4位以下はかなり差がある。
売上高トップ10の中では ぎょうせい が最も利益が多い。
ぎょうせいは、自治体や法律関連の書籍の出版などを行っている。
角川、メディアファクトリー、アスキー・メディアワークスなども利益に関しては、売上高トップ3の企業より多い。

順位 社名 2009年度売上
(百万円)
2009年度利益
(千円)
2008年度売上
(百万円)
2008年度利益
(千円)
1 (株)集英社 133,298 655,000 137,611 249,000
2 (株)講談社 124,500 ▲ 5,700,000 135,058 ▲ 7,686,000
3 (株)小学館 117,721 ▲ 4,493,000 127,542 ▲ 6,371,000
4 (株)文藝春秋 27,491 ▲ 580,000 29,659 343,000
5 (株)角川書店 27,382 1,547,389 29,416 3,727,671
6 (株)ぎょうせい 27,061 2,595,000 27,230 5,435,000
7 (株)光文社 24,500 ▲ 4,200,000 28,332 ▲ 2,829,000
8 (株)アスキー・メディアワークス 21,000 958,168 21,400 900,000
9 (株)宝島社 20,741 280,590 16,098 185,000
10 (株)メディアファクトリー 20,658 982,105 18,998 1,389,780

(帝国データバンク, 出版業界 2009年度決算調査)
このエントリーをはてなブックマークに追加