電子マネーの利用者数比較データ。Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、Edy(エディ)、nanaco(ナナコ)

更新:

Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、Edy(エディ)、nanaco(ナナコ)の利用者数(発行枚数、普及枚数、契約数)などのデータです。

電子マネーの発行枚数など

多くのICカードは、ソニーが開発した非接触型ICチップ「フェリカ」を基にしています。
電子マネーの利用者数(発行枚数)は、急速に伸びています。
また電子マネーを利用できる店舗数も急速に増えています。
電子マネー データ
Suica(スイカ) 提供会社:JR東日本
発行枚数:2415万枚(2008年4月)、モバイルSuica約100万台(2008年3月)
決済件数:2035万件/月(2008年3月)
対応店舗:3万3750店(2008年3月)
PASMO(パスモ) 提供会社:パスモ
発行枚数:800万枚(2008年4月)、1000万枚(2008年8月)
決済件数:444万件/月(2008年3月)
対応店舗:4950店(2008年3月)
Edy(エディ) 提供会社:ビットワレット
発行枚数:4000万枚、その内おサイフケータイ780万台(2008年5月)
決済件数:2400万件/月(2008年3月)
対応店舗:約7万4000店(2008年5月)
対応サイト:約5000(2008年5月)
nanaco(ナナコ) 提供会社:セブン&アイ・ホールディングス
会社名:ドコモ
決済件数:2900万件/月(2008年3月)
おサイフケータイ 提供会社:NTTドコモ
契約数:3000万件

参考

http://www.jreast.co.jp/press/2008/20080411.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加