世界の小売業の業種比率 [スーパーマーケット,デパート,コンビニ,飲食業 2005年]

更新:

Storesの2005年版レポートによると、全世界の小売業の売上高上位企業における各業種の構成比率は、専門店が1位。
2位がスーパーマーケット。
専門店というのは、家電、コンピュータ、衣類、おもちゃなど1分野のものを売る店。

小売業 関連ページ
日本小売業協会


世界の小売業の業種比率(売り上げ上位企業中)
業種
専門店 / Specialty 108
スーパーマーケット / Supermarket 96
デパートメント / Department 56
コンビニエンス / Convenience 50
ディスカウント / Discount 48
スーパーストア / Superstore
(超大型マーケット)
40
ハイパーマーケット / Hypermarket
(大型マーケット)
37
キャッシュ アンド キャリー / Cash and Carry
(現金払い・持ち帰り系)
25
ドラッグ / Drug 23
DIY(ホームセンター) / DIY 22
飲食業 / Food Service 20
自動車 / Auto 15
倉庫型マーケット / Warehouse 10
このエントリーをはてなブックマークに追加