アメリカの新聞社のニュースサイト・訪問者数ランキング2008年 - アクセス数、新聞の発行部数

更新:

アメリカのNielsen社がアメリカの新聞社のサイト訪問者数トップ10を発表した。
トップ10の訪問者数合計は、4009.3万人(2008年12月)。
2007年12月は、3460.2万人で前年比16%増加している。
新聞の売り上げが減る中、ニュースサイトの訪問者数は少しずつ伸びている。
ただ、ニュースサイトは基本的に閲覧が無料で、広告収入が主な収益源。
ウェブサイトでどのように収益を上げるかが今後も課題となる。

アメリカの新聞社のニュースサイト・訪問者数ランキング2008年

サイト訪問者数は、Nielsen社による2008年12月現在の数値でユニーク数。
参考として、新聞の発行部数も記載。
新聞の発行部数は、World Association of NewspapersによるWorld Press Trends 2008の数値。
ただし、ボストン・グローブ、サンフランシスコ・クロニクルは除く。
順位 サイト名 サイト訪問者数(万人) 新聞名 発行部数(万部)
1 NYTimes.com 1818.7 ニューヨーク・タイムズ 103.8
2 USATODAY.com 1142.0 USAトゥデイ 229.3
3 washingtonpost.com 947.0 ワシントン・ポスト 63.5
4 LA Times 796.3 ロサンゼルス・タイムズ 78.0
5 Wall Street Journal Online 723.5 ウォール・ストリート・ジャーナル 201.2
6 Daily News Online Edition 588.3 ニューヨーク・デイリーニューズ 68.1
7 Chicago Tribune 523.5 シカゴ・トリビューン -
8 New York Post 455.7 ニューヨーク・ポスト 66.7
9 Boston.com 408.6 ボストン・グローブ 46.7(2002年)
10 SFGate.com / San Francisco Chronicle 350.3 サンフランシスコ・クロニクル 37.4(2006年)

新聞の発行部数では、USAトゥデイ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズがアメリカのトップ3。
発行部数が多いからといって、ウェブサイトでもアクセス数を稼いでいるかというと、そうでもない。
ウェブサイトでは、ワシントン・ポストやロサンゼルス・タイムズが発行部数で劣るわりに健闘している。
逆にウォール・ストリート・ジャーナルは苦戦している。
ちなみに、新聞の発行部数の世界トップ3は、日本の読売新聞(約1000万部)、朝日新聞(約800万部)、毎日新聞(約390万部)である。
List of newspapers in the world by circulation
このエントリーをはてなブックマークに追加