全国のコンビニ売上高、百貨店(デパート)、スーパーマーケット売上高 2008年 - 小売業売り上げ高比較

更新:

2008年のコンビニエンスストア、百貨店、スーパーマーケットの売り上げについて。

コンビニ、百貨店、スーパーマーケットの年間売上と店舗数

コンビニと百貨店は、規模や商売内容が違うので単純に比較できないが、年間売り上げでコンビニが百貨店を超えたと報道されていた。
下表は、全国のコンビニ、百貨店、スーパーマーケットの年間売上および店舗数。
売上は僅差だが、店舗数はコンビニが圧倒的に多い。
単純計算すると1店舗の年間売上の平均値は、コンビニ約1.9億円、百貨店約263.6億円、スーパー約15.0億円となる。
日本百貨店協会の資料には、各年度の年間売上や、衣料、家電、食品など商品別のデータがあり、売上が減り続けているのが分かる。
百貨店の中で健闘しているのは食品と化粧品関連。

コンビニ、百貨店、スーパーマーケットの売り上げは、それぞれ日本フランチャイズチェーン協会、日本百貨店協会、日本チェーンストア協会の資料を参考にしている。
これらの協会の統計は、協会に加盟している企業だけのもの。

業種 全店年間合計売上 店舗数と企業数
コンビニエンスストア 7兆8566億円 4万1714店(11社)
百貨店 7兆3813億円 280店(91社)
スーパーマーケット 13兆2753億円 8827店(71社)

コンビニ来店客数と客単価

下表は、コンビニの来店客数と客単価。
単純に計算するとコンビニ1店舗の来店客数は、平均で1日約872人となる。

業種 年間来店客数 年平均客単価
コンビニエンスストア 132億8227万人 591.5円
このエントリーをはてなブックマークに追加