1世帯当たりの1ヶ月平均の消費支出(平成24年1~3月期平均速報)- 総務省・家計調査

更新:

2012年5月15日、総務省が「家計調査報告(家計収支編)―平成24年1~3月期平均速報―」を発表した。
それによると平成24年1~3月期の1世帯当たりの1ヶ月平均消費支出(速報値)は、総世帯で246,023円だった。

1世帯当たりの1ヶ月平均の消費支出(平成24年1~3月期平均速報)

総務省の家計調査にて、家計調査報告(家計収支編)―平成24年1~3月期平均速報―が発表された。
1世帯当たりの1ヶ月平均の消費支出(平成24年1~3月期)は、

  1. 総世帯は 246,023円。
    前年同期比名目0.9%の増加、実質0.5%の増加。
    <参考>平成23年(通年)の平均は247,219円。
  2. 二人以上の世帯は 284,951円。
    前年同期比名目1.5%の増加、実質1.1%の増加。
    <参考>平成23年(通年)の平均は282,955円。
  3. 単身世帯は 153,607円。
    前年同期比名目0.9%の減少、実質1.3%の減少。
    <参考>平成23年(通年)の平均は160,902円。

となっている。
支出の内訳は下表のようになっている。
データは速報値なので、数値はのちに若干修正される場合がある。


総世帯の消費支出内訳(「二人以上の世帯」と「単身世帯」を合わせた世帯)(平成24年1~3月期)
その他の消費支出は、仕送り、小遣い、交際費など。
支出の中で最も多いのが食料、2番目がその他の消費支出、3番目が交通・通信となっている。
項目 金額(円) 対前年同期増減率
名目(%)
対前年同期増減率
実質(%)
食料 56,540 2.4 1.2
住居 16,593 -0.1 0.1
光熱・水道 24,497 4.9 0.2
家具・家事用品 7,352 4.5 8.0
被服及び履物 9,778 7.1 6.5
保健医療 10,612 -1.2 -0.2
交通・通信 33,024 2.9 1.8
教育 8,312 4.7 4.5
教養娯楽 24,088 -4.2 -1.8
その他の消費支出 55,227 -2.3 (-2.7)
合計(消費支出) 246,023 0.9 0.5

※「教育」については,詳細な収支項目別の集計を行っていない。
※「その他の消費支出」の実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。


二人以上の世帯の消費支出内訳(平成24年1~3月期)
項目 金額(円) 対前年同期増減率
名目(%)
対前年同期増減率
実質(%)
食料 65,075 2.6 1.4
住居 15,874 -1.3 -1.1
光熱・水道 28,829 4.8 0.1
家具・家事用品 8,926 4.8 8.3
被服及び履物 11,387 5.9 5.3
保健医療 12,665 -1.0 0.0
交通・通信 38,804 2.9 1.8
教育 11,815 5.3 5.1
教養娯楽 27,254 0.0 2.5
その他の消費支出 64,323 -1.7 (-2.1)
合計(消費支出) 284,951 1.5 1.1

※「その他の消費支出」の実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。


単身世帯の消費支出内訳(平成24年1~3月期)
単身世帯は二人以上の世帯と比べて住居の支出が多い。
項目 金額(円) 対前年同期増減率
名目(%)
対前年同期増減率
実質(%)
食料 36,275 2.1 0.9
住居 18,295 2.4 2.6
光熱・水道 14,208 6.3 1.5
家具・家事用品 3,617 4.0 7.4
被服及び履物 5,960 13.8 13.1
保健医療 5,740 -1.1 -0.1
交通・通信 19,312 3.7 2.6
教育 0
教養娯楽 16,573 -17.4 -15.4
その他の消費支出 33,627 -4.2 (-4.6)
合計(消費支出) 153,607 -0.9 -1.3

※「教育」については,詳細な収支項目別の集計を行っていない。また,消費支出全体に占める割合が小さいことから,増減率については掲載していない。
※「その他の消費支出」の実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。

(総務省、家計調査報告(家計収支編)―平成24年1~3月期平均速報―)
家計調査
このエントリーをはてなブックマークに追加