日本国内の子供の数(人口)・男女別(2010年)

更新:

2010年5月4日に総務省が発表した「我が国のこどもの数」から子供の人口と割合の推移。

日本国内の子供の数(人口)・男女別(2010年)

この統計では、15歳未満の人を子供と定義している。
2010年4月1日現在における子供の数は、前年より19万人少ない1694万人で、1982年(昭和57年)から29年連続で減少している。
子供の男女別では、男子が868万人、女子が826万人で、男子が女子より42万人多い。
総人口においては、男性6205万人、女性6535万人で女性の方が多いので、どの年齢層でも女性が多いと思っている人がいるかもしれない。
別の統計においても、子供や20代30代の男女別の人口では、男性の方が多い。
50歳辺りから女性の人口の方が多くなり、さらに上の年齢になるほどより女性の割合が高くなる。

統計は、2010年4月1日現在の数値。

年齢 子供の人口
男女合計
(万人)
子供の人口
男子
(万人)
子供の人口
女子
(万人)
総人口に占める割合
(%)
0~2歳 325 167 158 2.6
3~5歳 320 164 156 2.5
6~8歳 338 173 165 2.7
9~11歳 355 182 173 2.8
12~14歳 356 182 173 2.8
合計 1,694 868 826 13.3

(総務省, 我が国のこどもの数)
総務省統計局
このエントリーをはてなブックマークに追加