日本国内の子供の数(人口)・都道府県別の割合(2010年)

更新:

2010年5月4日に総務省が発表した「我が国のこどもの数」から各都道府県の子供の数と割合。

日本国内の子供の数(人口)・都道府県別の割合(2010年)

全国には約1700万人の子供がいる。
この統計では、15歳未満の人を子供と定義している。
日本の総人口に占める子供の割合は13.3%で、ちょうど千葉県の子供の割合と同じ。
各都道府県とも概ね13%に近い数値。
子供の割合が最も高い都道府県は沖縄県で17.7%。
最も低いのは秋田県で11.2%。
子供の人口が100万人を超える4都府県では、愛知県が最も高く14.6%。
最も低いのは東京都で11.9%。
東京都は少子化が進んでいるように見えるが、全国では唯一子供の数が前年と比べて増えている。
表は、子供の割合が高い順に並べた。
この統計は、2009年10月1日現在の数値。
子供の割合は、各都道府県の人口に占める子供の割合。

順位 都道府県 子供の数
(人)
前年比の数
(人)
子供の割合
(%)
1 沖縄県 245,000 -1,000 17.7
2 滋賀県 210,000 -2,000 15.0
3 愛知県 1,087,000 -1,000 14.6
4 福井県 114,000 -2,000 14.2
4 佐賀県 121,000 -3,000 14.2
6 福岡県 702,000 0 13.9
6 熊本県 251,000 -3,000 13.9
8 福島県 282,000 -6,000 13.8
8 岐阜県 289,000 -5,000 13.8
8 兵庫県 771,000 -7,000 13.8
8 岡山県 267,000 -3,000 13.8
8 鹿児島県 236,000 -3,000 13.8
13 群馬県 275,000 -4,000 13.7
13 石川県 159,000 -2,000 13.7
13 大阪府 1,208,000 -5,000 13.7
13 広島県 391,000 -3,000 13.7
17 栃木県 273,000 -3,000 13.6
17 埼玉県 969,000 -6,000 13.6
17 三重県 254,000 -4,000 13.6
17 香川県 135,000 -2,000 13.6
17 宮崎県 154,000 -3,000 13.6
22 山梨県 117,000 -3,000 13.5
23 宮城県 314,000 -3,000 13.4
23 茨城県 398,000 -6,000 13.4
23 神奈川県 1,201,000 -1,000 13.4
23 長野県 289,000 -8,000 13.4
23 静岡県 508,000 -8,000 13.4
28 千葉県 817,000 -3,000 13.3
29 京都府 346,000 -1,000 13.2
29 奈良県 185,000 -3,000 13.2
29 長崎県 189,000 -6,000 13.2
29 大分県 158,000 -2,000 13.2
33 和歌山県 129,000 -3,000 12.9
33 鳥取県 76,000 -2,000 12.9
35 富山県 140,000 -3,000 12.8
35 愛媛県 184,000 -4,000 12.8
37 島根県 91,000 -2,000 12.7
38 岩手県 169,000 -5,000 12.6
38 新潟県 300,000 -8,000 12.6
38 山口県 183,000 -3,000 12.6
41 青森県 173,000 -6,000 12.5
41 山形県 147,000 -5,000 12.5
41 徳島県 99,000 -1,000 12.5
44 高知県 93,000 -2,000 12.1
45 北海道 663,000 -12,000 12.0
46 東京都 1,526,000 9,000 11.9
47 秋田県 123,000 -5,000 11.2
全国 17,011,000 -165,000 13.3

(総務省, 我が国のこどもの数)
総務省統計局
このエントリーをはてなブックマークに追加